神棚 の お供え。 神棚の水のお供え方法に作法はあるの?水の交換頻度や配置方法などを詳しく解説!

家族の幸せを祈って神棚を設置するのもよいでしょう。

神棚にお供えしたものは傷まないうちに お供えものの交換のタイミングは、絶対ではありません。

「Fudamori」11,000円、「神具セット小」1,320円、「榊造花 ミニ(一対)」440円/すべて静岡木工(0548-32-4138). そこで、三重県伊勢市で神棚・神具の製造販売を行う株式会社宮忠の川西洋介さんにお供えマナーについて教えてもらった。

一社造と三社造のどちらを選ぶかは家の人の自由です。

特に榊をお供えしている方は多いでしょう。

学業成就祈願、合格祈願、必勝祈願、安全祈願、安産祈願、七五三、御入学、御卒業、などです。

会社などの神棚であれば、可能であれば米は外に撒いて鳥たちに与えたりするのも良いでしょう。

また、お水やお酒は1日や15日など決まった日にちに必ず交換するようにしましょう。

それぞれ専用の器があります。

榊は榊立てに入れて一対でお供えします。

44

ですので、出来るだけお供えは長時間放置せず、その日のうちに取り替えて、料理に使ってくださいね。

そして飾られた鏡餅は、関東では1月11日、関西では1月20日の鏡開きで食べるのが一般的です。

お酒や塩は調味料として使用し、お米は炊いて食べるとよいです。

現在は、神棚にお供えするものは、全国でも杉や楠などはお供えせず榊が一般的となっています。

榊の処理 中には自身で使用できないお供えもあります。

お供え物には毎日取り替えるもの、すぐに下げてしまって良いもの、タイミングを見て下げるべきものの3種類があります。

季節の恵みに感謝する気持ちを込めて、お供えするようにしましょう。