安倍 総理 土下座。 安倍首相の土下座像にさすがの韓国人もドン引きする事例が続出していると判明

68
仮に韓国平昌の「安倍首相土下座像」が国際儀礼を失する行為なら、韓国平昌のいち民間施設が「勝手に」私費で作った銅像よりも、ス博物館における展示の方がはるかに強く重要な国際的メッセージを有するのは自明だが、日本政府はこのことに対して全く無関心であり、何の言及も行っていない。 日本人は困らない。 聯合ニュース(7月28日付)の取材に対しては、「私は庭の草むしりをしている70代の年寄りだ」と言いつつも、 「日本政府は、民間の植物園に個人的な資金で個人の考えを表現したことに干渉するもので、まったく気にしない。 「差別化」を図るためか、中には像のまわりをお花畑にしたところもある。 今の、私達の総理大臣は そういう人なのです。 「どっちもどっち論」は机上の空論あり、実際の現実とは、日本のネット右翼が一方的に韓国人(あるいは在日コリアン)を先行してヘイトし続けてきた、というのが長年ネット右翼研究を行ってきた私の総括である。 ・日本の右派層が大反発 この銅像の一件が日本で報道されると、日本の右派、ネット右翼はすぐさま鋭敏な韓国批判を行っている。 滑走路の下には米国との戦いで戦死した人達の骨が埋まったまま。 (関連記事) (参考記事). 硫黄島の舞台を率いる栗林中将が、激戦に斃れる間際に、このような句を詠われています。
16 78