森 会長 の 発言。 森会長発言の政権への影響「直接関係しないが、重ねて捉えてしまう」 衆院選を見越し“党の顔を変えた方がいい”声が出てくる可能性も?(ABEMA TIMES)

2021年2月3日に開催された「日本オリンピック委員会の臨時評議員会」での森喜朗会長の発言を巡り、国内のみならず世界各国からも批判されて大炎上しました ニュースやワイドショーなどを見てみると、森会長の発言の中で 「女性がたくさん入っている理事会は 時間がかかります」 「私どもの組織委員会にも、女性は7人くらいおられますが、 みんなわきまえておられます」 という発言が 「女性蔑視」「オリンピックの男女平等の精神から大きく外れている」ということで、テレビもインターネットも芸能界でも批判の嵐です この発言部分だけを見ると、たしかに女性蔑視と受け取れるような内容に見えます しかし、この発言の前後がバッサリ切り取られている記事がほとんどで、これだけでは本当に女性蔑視の発言だという判断ができないと思います ということで、森会長の発言の全文をご紹介しながら、できるだけ客観的な視点で私の考えを書いていきたいと思います 目次• 私は、私どもの組織委員会のことを申し上げたわけではないことは、皆さんもご承知だと思いますので、この組織委員会については、非常に円満にうまくいっているということも注釈でも挨拶の中で申し上げたことも聞いておられたと思います。 しかし、空が空いてるから、空気がこもらないし、それしかないですねという、そういうことをいう意見もありますということを紹介しただけで、組織委員会がそういうことするといったわけでもなんでもない。 そうすると密になるからそれをどう避けられるだろうか、というその話の例で、国会議員がたくさんおられますから、皆さんおわかりのように、じゃあ、何にもないところって言ってるんであれば、田んぼで走るしかないねと。 私どもの組織委員会にも女性は何人いたっけ? 7人くらいか。 それから、不愉快な思いをされた皆様にはお詫びを申し上げたい。 私どもの組織委員会にも女性は7人くらいおられる。 ですが、このオリンピックの理念に反するような発言であったと昨日の発言は思いますが、ご自身がなんらかの形で責任を取らないということが、逆に開催への批判を強めてしまうものではないかと思うのですが、どうお考えでしょうか。 TBSラジオ:私は適任じゃないと思うんですが。
46 56