日本 航空 123 便 墜落 事故 真相。 第76回:日航123便はなぜ墜落したのか(森永卓郎)

墜落直後に生存者はヘリコプターの音を聞いていた• 一秒後に「チャカ2 」は、水平尾翼に衝突して垂直尾翼が落下。
バリバリバリと爆音をたてて、木々の葉を大きく揺らしながらゴーゴー、バババーとホバリングを始めた 著者が本物の遺族であり、そして心から真実と真相を求めておられるのであれば、誰の主張であろうと、この理不尽極まりない事件を解決したいとする想いに耳を傾けてくれるはずです
事故から2年後事故調は「隔壁破壊説」なる事故報告書を公表した 運航現場で働く乗員の中にも、その意見をお持ちの方が少なからずおられます
中止の理由は「日本政府がカ軍の救助の申し出を断っていた」ということです 嘘と暴 力に満ちた123便事件の背景の中で、このように不正を許さず、命を懸けて正義を貫いた先人の存在を知ったことは、私にとっては大きな喜びであり、希望で す
最も可能性が高いストーリーはこれだ! 日本政府が矛盾だらけの圧力隔壁破壊説で強行突破を図り、の真相を隠蔽して、強引に幕引きを図っている理由はなんなのか? この記事の結論をここで述べます さて、「NE128」をどう解釈したかについては、まだそれを理解するための情報を本ブログで提示できていないため、ここでは割愛いたします
見る人が見れば、一発でオレンジの金属片の正体はバレてしまうだろう 18時24分35秒 「ドーン」というような音 18時24分36秒 「ドーン」というような音 18時24分37秒 【客室高度警報音 又は 離陸警報音】 18時24分38秒 CAP まずい 18時24分39秒 CAP 何かわかったぞ 衝突音の後、機長は「まずい
さて、実際に本を読んだ人ならば、当たり前にわかることですが、こういった 隠蔽者たちがいるからこそ、この墜落事件を闇に葬りたいのだ、という事が明らかになるわけです 重要なことは、すぐに現場に登って生存者を探そうとしていた上野村の消防隊員に戻るように押し戻したのも自衛隊で、その間の空白の10時間に自衛隊員しかしなくなった現場で、いったい何が行われたのかということなのだ
上野村に落ちたと政府関係者や県に連絡してもまったくテレビに反映されず、長野県やら小倉山やら偽の情報が流れていたことに怒っておられた 本来の事故調査は帰納法であるが、事故調は演繹法、三段論法で行った
123便は羽田に戻ろうとしたが、何らかの理由でできなかった 11自爆テロ事件も 報道されている事実の裏には、隠された真実がある
95

しかし、肝心の自衛隊の到着は、ずっとずっと後になってからだった。

これは強い意志と勇気がなければできない。

ガーガーガーンと強い衝撃の後、様々な固形物や砂が次々と頭にぶつかり、体が宙に投げ出された。

残念なことに、その方は既に鬼籍 に入られています。

残念ですが、戦後の日本は、アメリカを支配する国際金融資本ユダヤ(ディープステート)にめちゃくちゃにされているのが実情です。

生存者発見の通知をうけた日赤の医師二名と看護婦二名は、警視庁のヘリコプターで十二時十三分に現場上空に到着し、救命用綱で降下した。

テレビ、新聞社の幹部は事故の真相を知っていて、彼女の本を葬り去ろうとしたのだ。

自死される方が果たして血文字などを残すでしょうか?停電というのも都合が良すぎます。

10