インド レイ ぷ 事件 バス。 インドのバスでまた集団レイプ事件、母娘が被害に遭い死傷・・車掌も犯行に加わる 赤かぶ

7月12日の手紙では、もしレイプの訴えに警察が動いてくれないのであれば自殺するとほのめかしている。

「もうこれ以上、被害者が増えませんように」と願いながら、前回同様、現地の新聞報道の内容をまとめておきます。

その後、何もかも滅茶苦茶になった」 バスを運転していた男がわいせつな発言をし、仲間がそれに同調してカップルをやじり始めたとみられる。

女性の死は全国的な怒りを呼び起こしたが、インドで最も人口の多いウッタルプラデシュ州にあるその村は、事件をめぐって分裂した。

嘆き悲しむ家族は、容疑者の男性らからの報復を恐れつつ暮らしていると話す。

凶悪なこの事件の概要はこうだ。

彼が警察に電話をかけると、23歳のその女性は、受話器の向こうの警察官に、かすれた声で悲惨な経緯を語った。

「そして彼らは短い棒で僕を殴りつけ、彼女を運転室近くのシートにひきずり込んでいった。

95

女性権利擁護団体によれば、レイプは、特に農村地域を中心に国内共通の問題になっているという。

家族は自殺ではなく殺害されたと主張している。

<「相手は有力者だ」> 人口の3分の2が暮らす農村地域を中心に、性犯罪被害者やその家族の前に往々にして立ちはだかるのが、地元の有力者やカースト上の厳しい力関係だ。

」 と、それぞれ、インドの男性中心社会から女性に原因を帰す主張()がなされていることを紹介した。

ロイターは、近隣の街で拘置されている容疑者たちに接触することはできなかった。

2015年3月4日閲覧。

家族によると、彼らは殺人事件について争うため、弁護士を雇う交渉に入っているという。

このとき彼女は、12日にシバム・トリベディ、シュバム・トリベディ両容疑者に畑に連れ込まれ、銃を突きつけられてレイプされたと訴えていた。

地元会は人道的な立場から、加害者の弁護は担当しないと表明した。

インド人女性には何もできなくても、外国人なら大丈夫ではないかと考えてしまうインド人男性は結構いると思う」と話していました。

殺害された女性は、数少ない高卒女性の1人だった。

【1月5日 AFP】インドの首都ニューデリー()で前月16日、女子学生(23)がバスの中で男6人から性的暴行を受け死亡した事件で、一緒に襲われた恋人の男性(28)が、自分たちが受けた残虐行為や、強姦犯らを退けられなかったことで自らが負った心的外傷について語った。

再発を防ぐヒントを得られればと思い、インド人の知人に話を聞いてみました。

2013年3月11日、のティハールに勾留されていた容疑者の1人が、首を吊って死亡。

夜間にディスコやバーをうろついて間違った事をしたり間違った服装をすることではない」とまくし立て、自分たちには「教訓を教える権利がある」と言い放った。