蜜 璃 イラスト。 甘露寺蜜璃 (かんろじみつり)とは【ピクシブ百科事典】

()…中の人繋がり そしての分裂体、 憎珀天との戦いに参戦
蜜璃からみた行冥の印象は 「猫好きの可愛い人!それなのに鬼殺隊で一番強いなんて素敵!」、行冥からみた蜜璃の印象は 「気立ての良い子 ネタバレA 無惨によってに落とされた後は伊黒と合流し、彼と共に下弦程度の力を与えられた雑魚鬼と戦いながら無惨を探す
その後は、煉獄と共に街の人々の救出にあたった ピンク髪という共通点がある
()…を扱う繋がり(こちらは) しかし上述の通り、当時としては女性が肌を出すのはよろしくないとされていた為、義勇も気になっていた模様
入隊後は、様々な背景から 実利最優先とする鬼殺隊内において産屋敷やの面々などが自身の力を称賛してくれた事や、鬼から助けた人達が涙を流しながら感謝してくれた事も相まって、コンプレックスだった特殊体質についても前向きに捉えられるようになった この為、女性らしい体型に反して男性にも負けない膂力を持つ(柱の面子で腕相撲をした時には六位だったが、までとはいい勝負だったとのこと)
()…中の人繋がり また、スタイルがよく穏健で優しい性格、非常に、がいて親しい点など共通している
柱内で最年少の剣士 本編では柱合会議後しばらく登場がなかったが、柱稽古編では炭治郎と蜜璃が 一緒にパンケーキを食べるなど 稽古を経て親睦を深めていた事を蜜璃からの手紙で知らされた伊黒が、炭治郎への稽古は特に当たりがキツく、稽古終了時には「 馴れ馴れしく甘露寺と喋るな」と明確な牽制をする
それ以後、結婚する為に力の弱い振りをしたり、髪の色を染め粉で黒くしたり、意識が朦朧とするほど食事を我慢するなどして、逆に家族から心配されていた 柱稽古では音楽に合わせた舞踊(新体操やのようなもの)を行い、音感と柔軟性を高めた
明るくて可愛いから また、大きく胸元が開いた隊服からも分かる通りをお持ちであり、それ故に読者の一部から 「」と呼ばれることも
61
禰豆子も彼女に懐いて、炭治郎に彼女と同じ髪型にしてもらうほどだった も同じ
かなり太めにしました 」、義勇からみた蜜璃の印象は 「隣に立つ時などはいつも話しかけてくれるが、肌を出し過ぎだと思う
また傷が増えて素敵だわ!」「ちゃん怒ってるみたい 適齢期の女性らしい願いだが、殺伐とした世界観に見合わないこと甚だしく ツッコミどころ満載であり、返事を聞いた炭治郎を困惑させた(これを聞いた者はみんな同じ気持ちになったと注釈されている)
その為、が弟の玄弥の存在を否定した時には、内心で「怖い」と思いつつ、二人の仲が悪そうなことには表情を曇らせて、心配していた 彼は誰に対しても親切だという認識も蜜璃が想いを告げられなかった一因だったのだが、それについては 全くの勘違いである
しかし、生来の体質(詳細は後述)故の大食らいや奇抜な髪色のせいで、 「君と結婚できるのなんて熊か猪か牛くらいでしょう」「そのおかしな頭の色も 子供に遺伝したらと思うとゾッとします」と、お見合い相手からまるで怪物であるかのように散々に言われて、破談となる(劇中である大正初期は以前の風習が色濃く残っており、女性は小柄でが良いとされていたのも一因と推察される) ()…三つ編み、怪力、大食いという共通点がある
この現象を空想科学研究所KUSOLABが検証した 論理的な喋り方ができないことがあるので心配している
色事には鈍い竈門炭治郎に鼻血を出させ、思春期に突入した不死川玄弥は彼女と一言も話すことができず、ではまさかの で登場(しかも ) 女の子同士で一緒にもっと遊びたいけど時間がないの〜」、しのぶからみた蜜璃の印象は 「大好き
斬断できるのはあくまでも刃の部分だが、彼女はこの変異刀をあたかも 新体操のリボンのように軽やか且つ高速で振るう事で、鬼を取り囲んでの、或いは広範囲全周囲防御を実現する そして全体的に前髪は盛りあがっています
81