気 を つけ て 参り ます。 紫外線対策で気をつけたい、5つの落とし穴

4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。

特に、今問題とされている、会社の信頼をも左右するビジネスメールの誤送信。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そういえば、と思い出したことがある。

今後はお客様に御迷惑をおかけしないように心掛けます。

…気をつけていこうと思っております。

今後このようなことがないよう、十分注意して参ります。

思ったより大きな火花が散って、二人で「おおっ!」となりながらも、この行為は我が家の新しい習慣になりつつある。

あの頃。 私どもの配慮が足りませんでした。 事故にあいませんように。 このよく使われる「以後気をつけます」の言葉には謝罪する人のさまざまな思いが詰まっている奥深い言葉です。 くれぐれもお体にご留意ください• 今後は、御迷惑をおかけしないように心掛けます。 」でもよし。 ぜひ使ってみてくださいね。 この言葉を嫌いな上司や取引先もいる、と言いましたが全員がそういうわけではありませんので、一旦おいておいて、ビジネスシーンでの「以後気をつけます」の正しい意味と使い方を紹介します。 「くれぐれも、お体にお気をつけください」「十分に、お体に気をつけてお過ごしください」のように、より丁寧な文章になるため相手への配慮もより感じられます。 と言うニュアンスに使われている「以後気をつけます」は果たして敬語表現として正しいのでしょうか。