小保方 さん。 理研ってどんな組織? 小保方晴子さんのSTAP細胞で揺れる「科学者の楽園」

この仮説は、生化学分野において歴史的にも内容的にも有名な学術雑誌『The Journal of Biological Chemistry (細胞生化学)』誌に、バカンティ氏が弟のマーティン・バカンティ氏らとともに、「芽胞様細胞(spore-like cells)」として発表しています。 2014年2月5日閲覧。 一連のSTAP細胞で世間から総たたきに遭い、精神的に追い込まれたことで、ここまで痩せてしまったのでしょうか? あと、変わったところを挙げると、髪型がおでこを大きく見せる。 2014年7月4日閲覧。 【】 STAP細胞の「真の由来」 約15年前、ボストンにあったバカンティ氏の研究室で、のちに「STAP」と呼ばれることになる、ある細胞の仮説が生まれました。
8