リゼロ ペテルギウス 過去。 リゼロ/シリウスの正体はエミリアの母親?権能・能力やペテルギウスとの関係について

また、ペテルギウスは背中や足元から魔手を出していたが、スバルは胸から出している(主にアッパーカットの形で放つ事が多い)。 そして、最終的に竜車の車輪に絡まり、粉々になって消えることになりました。 ペテルギウス・ロマネコンティは魔女教の創設者のひとりです。 そのため、エリオール大森林では「ジュース」、魔女教徒からは「ペテルギウス様」や「ロマネコンティ様」と呼ばれていました。 スポンサーリンク ペテルギウス・ロマネコンティ名言・まとめ 最後に… ペテルギウスの過去を少しだけ紐解きましたが、今後の展開に彼が関わってくるのは必然といえます。 Sponsored Link まとめ : シリウスの正体はエミリアの母親の可能性大! シリウスの正体はエミリアの育ての 母親フォルトナの説が有力です。 場面は変わって現在のエミリア。
44

幼いエミリアとフォルトナを逃がすため、平穏な日々を守るため、ジュースは黒い小箱を使うことを決意します。

リゼロに初登場した時にはスバルも周りの人の感情をモロに受けしまい、シリウスを崇める行動や、シリウスに囚われていた少年の感情を受けて動けなくなっていました。

「死んじゃえ」「死んじゃえ」「死んじゃえ!」と何度もパンドラを攻撃する。

感情の共有 この「 感情の共有」という権能は シリウスが指定した人物の感覚を周りの人たちに 伝達させ、同じような感情にしてしまいます。

パンドラの権能は「あった事実をパンドラの思うように書き換える」ことができるとても恐ろしいものです。

全ての記憶がよみがえったエミリアは、とりあえず第1の試練を突破しました。

そして、パンドラは、ジュースにも何かをささやく。

そして3人は親交を深めるようになり、ジュースとフォルトナは何か交渉のようなものを交わし、エミリアを命がけで守るようになります。

すると、突然現れたのは、フォルトナ。

3