地下鉄 御堂筋 線 事件。 大阪市営地下鉄御堂筋線痴漢捏ち上げ事件

1988年の事件をきっかけに12年後の2000年の導入につながったというのは、いくら性被害の対応が遅い国といっても 無理がありませんか。

翌日も朝から取り調べが続いた。

590-0028 堺市堺区三国ヶ丘御幸通1-2 ケンスイビル5階c号 女性は警察での事情聴取で「 … 2019年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。

それからも活動は継続され、 5年後の 93年、同会は「セクシャルハラスメントと斗う労働組合ぱあぷる」と協力して「STOP痴漢アンケート」を実施し、交通局や私鉄各社への働きかけを行いました。

事件を報じるメディアが少なかったことに表れているように、安心して公共交通機関を利用できない女性たちの不安や憤り、悲しみに寄り添い切れていないのでは。

当然、 特定の属性を隔離するという手段は(とくに犯罪目的や迷惑行為目的、差別目的を中心にする行為に関しては)、禁止されるべきであると考えるのが自然だろう。

, 事件後、両親ともに仕事を辞めています。

御堂筋事件で、資料がまだどこかに残っていないだろうか?と探ってみたわけではあるが、ごく少数ではあるが魚拓となるものを何とか発見できた。

(1) 性暴力を許さない女の会の主張に関して インターネット上にも残っている資料としては、以下のものがあげられる。

, 判決に対しては、加害者であるはずの「前途ある青年」ばかりに配慮し、被害者女性をあまりにも軽くみているとして、当時の「性犯罪に甘い」に風潮に疑問・不満の声があがり[1][5]、この事件を機に「性暴力を許さない女の会」が発足し、同会は事件翌月に大阪市交通局(Osaka Metroの前身)と関西私鉄各社に, の3点を要望する要望書を提出し、これに対し大阪市交通局、各私鉄、大阪府警察鉄道警察隊は「小暴力対策委員会」を発足させ、, 4月14日には性暴力を許さない女の会が「Stop!ザ・レイプ」集会を開き、400人のホールが満員となった[1]。

48 44