種苗 法 改正 案。 種苗法改正の問題点―種子条例の意義と地方自治体に今後できること

現在利用されているほとんどの品種は一般品種であり、許諾も許諾料も必要ありません。

どんな改正? どこで栽培されているか、育成権利者が把握できる様に 採取した農作物から、タネをとってまた栽培させるのを禁止(自家栽培の禁止)• 自家増殖は一律禁止になりません。

「日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます」 「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています」。

果樹栽培農家は一本の苗木を購入して接木や挿し木をして増殖してきましたが、これからは同様に対価を払って許諾を得るか、苗木を全て購入しなければならなくなります。

登録品種については、農林水産省の品種登録ホームページに一覧が掲載されているので、確認してみて下さい。

種苗法及び種苗法改正法案は、新しい品種を開発し、農林水産省に登録した新品種を知的財産として保護する法律であり、農業者に特定の品種の利用を強いたり、品種の選択を制限するようなことはありません。

そこで、海外流出自体を防ごうとするのが今回の法案だ。

(5日、6日、7日付で連載). しかし 安心できないのです。

引用: 一般品種の具体例は上の表を参考にしてもらいたい。

やめさせねばなりません。

しかし 実際に 過去に品種登録されました。

色の指定はありませんので包装やカタログ等のデザインに合わせて利用できます。 その結果、 やはり 今回の「種苗法改正案」は 利権者に都合よく、 「農家」や「消費者」には メリットがないと感じました。 によると 「鉄道」、「広告」と同じ程度の 市場規模です。 自家採取禁止。 つまり、農家が自家採種したり、自家増殖したりできる。 何があったのですか? A:例えば、コロンビアでは種苗法が改定され、登録品種の自家増殖が禁止され、そして、農産物の認証法が改定され、認証のない種子による農作物の流通が実質的にできなくなるという2段構えで在来種が排除されたと印鑰智哉氏が報告している。
9