恭賀 新年 と は。 「恭賀新年」と「謹賀新年」の意味と違いは? ビジネスや目上の人にも使える?|語彙力.com

恭賀新年(きょうがしんねん) 「恭賀にはうやうやしく」という意味があり、「うやうやしく新年のお祝いを申し上ます」となります。

「明けましておめでとう」を丁寧に表現した言葉であるというイメージも持っていても、この 「謹賀新年」という言葉にはどんな意味があるのかを正しく理解できている人は意外に少ないものです。

四字熟語の賀詞で代表的なものに、「謹賀新年」と「恭賀新年」がありますが、 謹賀新年と恭賀新年の意味に大きな違いはありません。
一文字でも二文字でも文章でも、賀詞は一つだけ使うのが、正しい書き方になります。 • 結婚式における「分かれる」や「切れる」などは忌み言葉として広く知られていますが、年賀状にも忌み言葉がいくつかあるので注意しなくてはなりません。 二字熟語の賀詞 一方、 二字熟語の賀詞 がし では、四字熟語の重複分を除いたものから、特に使われていた 5種類を取り上げました。 謹賀新年:相手を深く敬って礼儀を尽くす挨拶• 「 頌春(しょうしゅん)」:新年をほめたたえること。 ちょっとした細かい違いですが、改めて年賀状の文面を見なおして、失礼のないように適切な言葉を使いたいものですね。 ただし、あなたが女性である場合は、2文字以上の賀詞を使うべきではありません。 一般的には「謹賀新年」を使うことが多いようですが、「恭賀新年」も礼儀正しく丁寧な新年の挨拶ですので失礼には当たりません。 もちろん、賀詞によって具体的な意味も異なるので、主な賀詞の意味を以下で理解しておきましょう。 しかし仕事上で年賀状を送る場合は、かしこまった言い方をすることに気を配る必要がありますので、 「迎春」や 「賀正」など2文字の言葉は相手に失礼に当ります。 そのため、 相手に対する礼儀や丁寧さに欠けたものになり、敬意が伝わらないからです。
36

相手を敬う事や、丁寧さが足りない事になります。

「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」のように、丁寧さや尊敬の念が伝わる書き出しであれば、賀詞を使用しなくても問題ありません。

あけましておめでとうございます。

スポンサードリンク 年賀状を上司や目上の人へ書く時の注意点は? 上司や目上の人への年賀状は、友人知人に送る内容とは区別する必要があります。

「謹賀新年」の意味 「謹賀新年」は「つつしんで新年のお祝いを申し上げます」という意味です。

賀詞には、「謹賀新年」や「恭賀新年」の他にも、 「 謹んで新春のご祝詞を申し上げます」 といった 文章の賀詞もあれば、 「 寿」「 福」「 賀」「 春」などの 一文字の賀詞、 「 賀春」「 初春」「 新春」などの 二文字の賀詞、 「 恭賀新年」「 敬頌新禧(けいしょうしんき)」などの 四文字の賀詞があります。

「謹賀新年」と「恭賀新年」、上司や目上の人への年賀状にどちらを使っても失礼にはあたらないことがわかりましたね。

謹賀新年と恭賀新年の意味の違いは? 謹賀新年と恭賀新年の意味に 大きな違いはありません。

上司や目上の人への年賀状はどちら? 上司や目上の人には 「謹賀新年」と「恭賀新年」どちらを使っても問題ありません。

7

年賀状に書く言葉の定番といえば「恭賀新年」や「謹賀新年」などがありますね。

今まで知らずに、目上の方へも「賀正」という賀詞を添えた年賀状を出していたという方もおられるのではないでしょうか。

前者は新年の挨拶の意味で使われますが、後者は主にクリスマスや年末の時期に使用される、「年が明ける前に使われる文章」となります。

関連記事:• でもこれだけ言葉が多くなると、使うべき対象が決まっているのではないでしょうか。

目上の方には四字の賀詞を 目上の方に対しては、「謹賀新年」「恭賀新年」といった、 四字からなる賀詞を添えるのがマナーとして適切です。

上司やビジネス、目上の相手におくる年賀状には、四文字の賀詞、もしくは文章の賀詞を使うようにします。

謹賀新年:相手を深く敬って礼儀を尽くす挨拶• 謹賀新年の意味とは? 謹賀新年は、 「 謹んで(つつしん)で新しい年をお祝い申し上げます」 という意味があります。

「謹賀」は「つつしんで喜びを申し述べる」という意味の言葉です。