花束みたいな恋をした 小説。 『花束みたいな恋をした』あらすじネタバレと感想!切なくも温かな結末|わかたけトピックス

98

でもやめられない。

人生最高の恋をした、奇跡のような5年間を描く、 映画『花束みたいな恋をした』より、ノベライズ、発売。

コミカルなセリフの応酬が、いつしか切なさの川になって流れ、溢れかえる…… 前代未聞の恋愛物語。

それはきっと、自分も経験した奇跡の出会いを思い出してしまうからなのかもしれない。

東京藝術大学教授 黒住光 : フリーライター。

一分一秒が愛おしかった日々が、少しずつ変色し、枯れていく。

二人で過ごす楽しい日々の現状維持を目標に、共に就職活動に取り組むが、少しずつ気持ちがすれ違っていく。

大好きな相手なのに 年とともに少しずつすれ違っていく二人 とても甘酸っぱくて、そして いつかの自分と重ね合わせるようなやりとりがそこここにあって キュッと苦しくなる。

50