トヨタ h2。 ORC ROOKIE Corolla H2 concept、世界初の水素エンジンでの24時間レースへ。「多くの方の力を結集してのレース」とモリゾウ(オートスポーツweb)

このまま温室効果ガスの排出を続けていたのでは地球の平均気温は上昇を続け、海面の熱膨張や氷河が溶けることによって海面が上昇したり(災害につながる恐れがある)、感染症の発生範囲が広がったり、異常気象が頻発したり、穀物の生産が大幅に減少したりし、地球規模で環境に悪影響を与え、各地が経済的な損失に見舞われることになる。

自動車メーカーなど11社は、燃料電池車(FCV)向けの水素ステーションの戦略的な整備や効率的な運営に取り組む合同会社「日本水素ステーションネットワーク(JHyM、ジェイハイム、Japan H2 Mobility)」を設立した。 実証実験の場にモータースポーツを選んだのは、開発のスピードが速いからだ。 だが、より電池の性能を高めようとしても限界が近い。 しかし「着火しやすい」水素を使ううえでは、じつに都合がいい。 「EU内に自前のLiBメーカーを作ろう!」とドイツ製が中心になって「電池のエアバス(国際共同開発を進めてきた旅客機メーカー)構想」をぶち上げたものの、他国企業はついてこない。 しかしレースはレースですし、天候がどうなるかも、何が起きるかもわかりません」 「すべてを見せてまいりますので、水素社会、カーボンニュートラル実現に向け、スーパー耐久、富士SUPER TEC 24時間レースの場を借りて世界初の試みに臨んでいくので、ぜひ皆さんも心ひとつに応援いただきたいと思います」 この富士SUPER TEC 24時間レースは、まさにカーボンニュートラルへ向けた、歴史的な一歩のレースとなる。 保険料、税金(除く消費税)、登録料、リサイクル料金などの諸費用は別途必要となります。 この方針転換が中国に「電動化で自動車強国になる」という野望を抱かせ、中国政府は新興LiBメーカーを育てた。 1kgになる。 同社によると、工業利用を目的とした汎用水素バーナーは世界初という。
38 66