不祝儀 お札 の 入れ 方。 香典袋のお札の入れ方などのマナー【お札の種類から中袋の有無まで】|葬儀屋さん

複数枚ある場合は向きを揃える 御祝儀や御香典も、渡す相手との親しさによっては紙幣を複数枚用意しなくてはならないケースもあります。 「清祓いの儀」といって、神棚を封じていた白紙をはがす儀式が行われます。 葬儀の引出物 ・地方によって異なります。 香典袋は必ずしもこれに入れなければならないといったルールはありません。 薄墨とは薄くすった墨のことを指し、 「悲しみの涙で墨が薄れる」「突然のことで墨をする時間がない」などの意味合いが込められています。 ところが、意外にもこれがありがちな話なのです。 上包みの書き方マナー 金封(祝儀袋・不祝儀袋・のし袋など)の、「上包み」の書き方マナーです。
氏名を並べる順番は、 目上の人が一番右側です。 それから、 不祝儀袋の表書きは薄墨を使うのがマナーですが、中袋は薄墨以外でも大丈夫です。 中袋を上包みで包む際はどちらが人物部分か分かりづらくなりますが、お札の向きを常に意識し、人物が下にこないよう注意してください。 お札を入れる向き お金を入れる向きについてのルールも明確にあるわけではありませんが、一般的には、中袋を裏にして開けたときに、お札の表(人物が描いてある方)が上になるように入れます。 ただし折り目をつけた新札を使うのは可。 例えば香典を数千円しか入れないのに、袋ばかりが立派では受け取り手も違和感があります。
46