タピオカ 恫喝 騒動 と は。 木下優樹菜「タピオカ店恫喝騒動」で蒸し返された“学生時代のイジメ自慢”!

木下さんは、翌11月から芸能活動を自粛し、20年7月1日に活動再開を告知したが、わずか5日で元所属事務所が芸能界引退を発表していた。
引用元:フラクタル法律事務所 まず、「 こっちも事務所総出でやりますね 店長が『警察に相談した』と答えると『警察は(店内)カメラを確認したの?』と気にかけている様子でした」(同) 店とトラブルがあるとはいえ、そのような出来事があるのは、Aさんにとっても気持ちのいいものではなかったに違いない
そのなかで、木下は『弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね』『いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし ばかばかしいんだけどさー』などと記述しており、『恫喝にあたるのでは?』と大騒動に発展したのです」(芸能ライター) 騒ぎに気づいた木下は、9日にインスタ上で謝罪し、以降は更新も停止しているが、バッシングの声は鳴りやまず そのインスタグラムの投稿がこちら
もしかしたら何者かが営業妨害の目的で嫌がらせをしようと、盗んだ可能性も考えられるが、再発行は可能なので意味があるとは思えない あの笑顔のウラで、大金が動いているわけだ
木下優樹菜と元夫フジモンの名前で花を送ったりもした さらに「いい年こいたばばあ」というのも、いくら相手のことをよく思っていないからといって、言葉の選び方がちょっとなぁと思ってしまいます
木下は昨秋、姉が勤務していたタピオカ店とトラブルを起こし、「事務所総出でやりますね」と恫喝まがいのメールを送ったことなどが問題となり、昨年11月から芸能活動を自粛 J-CASTニュースでは、プラチナムプロダクションに取材を申し込んだが、27日19時までに回答を得られなかった
前後して、タピオカ店店主への恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことも明らかになった 木下は昨年10月6日、インスタグラムでタピオカ店のオーナーを攻撃する内容のコメントを投稿(後に削除)
ユッキーナとフジモンのディズニー事件簿は「」でぜひご覧ください アクセス:JR小岩駅から約800m ちなみに、タピオカドリンク自体は評判が良いようですね
だからこそ、木下優樹菜さんの立場に立つと、自分の影響力を使って応援してきたのに、自分の姉が不当な扱いを受けたと聞いて、怒る気持ちも分かります そのときのやりとりのスクショがこちらです
その内容は 「木下優樹菜がインスタで宣伝したことが不満でオーナーにキレられ解雇された」「やめたけど途中まで働いた文の給料をはらってもらってない、給料明細ももらってない」「店内の窃盗事件の犯人にされた」というもの 営業時間:10:00〜19:00(日曜定休)• 「もっと手軽に大金を稼げるのがインスタやブログですよ
共同経営かどうか、そもそもここが一番のポイント 実際、同店もすでに再発行しており、現在も営業は続いているからだ
56