二 代目 若乃花。 若乃花(二代目)…元妻・幸子との結婚までの道程を振り返る

部屋関係者からは、親方の長女・幸子さんの件はカタがついているので、入籍に対して親方は反対していないとの声もあり、親方の意向は「横綱の名に恥じない相撲を」という点だけだったと言います。 現在の元間垣親方はもう…(涙) かつて間接キスを求められるほどの男前ぶりだった間垣親方、協会を去ってからの消息はほとんど伝わってきません。 小坂秀二「昭和の親方」(冬青舎)• 人物 [ ] 1971年1月20日にの長男として生まれる。 親方の長女とスピード離婚し、銀座のママと再婚するという思いがけないニュースでしたが、協会内に引き止める者は少なかったと言われています。 横綱時代もたびたびでする事があったため、ら、うるさ型の評論家から酷評された事もあった。 全勝優勝を決めた同年11月場所千秋楽の北の湖戦などはNHK大相撲中継の視聴率が実に42. 1993年7月 - 貴乃花・曙と共に優勝決定巴戦(13勝2敗同士)で対戦するが、初戦で曙に敗れる(優勝は曙)。 そういったゴタゴタのせいで、師匠の二子山親方(初代若乃花)は二代若乃花の引退後の年寄名跡を用意していませんでした。
38

『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(著者:塩澤実信、発行元:北辰堂出版、2015年)p123-124 関連項目 [ ]• 頸椎捻挫により7日目から途中休場• にが年間最多勝を獲得するまで日本出身力士の年間最多勝は18年間出なかった。

結びの一番、横綱同士の対決で貴乃花は曙に勝って13勝2敗、2場所連続20回目の幕内優勝を達成。

これからも2人を温かく見守って頂けると嬉しく思います」と所属事務所を通じてFAXでコメントしている。

締め込みが固い力士としても知られ、特に1978年5月場所14日目の北の湖戦で廻しをきつく締めて右上手を許さず勝利した。

横綱時代は休場の方が多くかつ横綱の地位で一度も幕内優勝出来ず、十分にその役目を果たせなかった。

横綱在位:28場所• 親方とおかみさんだ。

右母趾裂創及び関節捻挫により8日目から途中休場・11日目より再出場• 理事としては、地方場所部長(大阪場所担当)を約10年間務めた。

こいつは守ってやろう、と。

現役時代からの実弟・貴乃花との確執 [ ] 確執の発生と経緯 [ ]• 後援者筋から強い希望もあって横綱はハラを決めたようだ」との声があがっていたのです。

25