臭い玉 取り方 綿棒。 臭い玉(膿栓)の取り方とは

他にも、ドライマウス(口呼吸や唾液不足)であったり、歯や舌に汚れが多いと、臭い玉(膿栓)はできやすくなり、口臭の原因になります。

見えない 臭い玉(膿栓)は扁桃腺にありますが、必ず表に出ているものでもありません。

膿栓を取る時に、口の奥に指や異物を突っ込むと、嘔吐反射でおえっとなると思います。

無理して綿棒で取るのは絶対にやめて、取れない取りたいという方はお医者さんに頼んだ方が良いと思います。

その臭いで耳に水が入ると酷く臭ってきました。

うがいをしっかりすることで、 喉の細菌を洗い流すことができます。

このケースが厄介です。

綿棒はコットンで表面がパサパサしているので、臭い玉のまわりをつつきすぎるとのどがイガイガしたり、ヒリッとした痛みを感じたりします。

しかし、それ、逆に映っていますので、どうしても手元が狂い、狙った場所に道具を突っ込めません。

16