ゴム 編み 止め。 2目ゴム編み止め

それではまた!. ゴム編みにはゴム止めという技法をで伏せると伸縮性が出ます。

一目ゴム編み止めは英語でtubular cast off for single ribbingです。

針には1目だけ出来上がっています。

かぎ針をつかった伏せ止め 表目の伏せ止めと裏目の伏せ止めがあります。

この繰り返しです。

463件のビュー• 特徴 〇伸縮性がなくなるので、編地によってきつくならないように調整しながら止めます。

64

まず、最初の目は普通に編みます。

ゴム編みを簡単に止める技法で面倒な処理から解放されましょう この止め方は、とじ針を使わずに出来るので手間がはぶけ、ゴム編み止めが苦手で敬遠がちだった方もすんなりと処理よることが出来ます。

とじ針で目のすくい方を注意して閉じていきます。

に chie より• 特徴 〇手早く伏せ止めする事が出来ます。

3表目同士に針を入れます。

11

が、靴下の履き口は超伸縮性が必要な部分なので、結果として、とじ針を使う方法が一番伸びて良かったです。

止め方に慣れてきた場合は、1目ずつ被せ目しているところを、2目同時に被せ目していく方法に変更してもよいでしょう。

適度に糸を引いて、テンションを一定にするとキレイにいきます。

〇初心者でも簡単に早く目を伏せる事が可能です。

2.編み終わりの裏目(最初に針を入れた目の一つ前)に、手前側から針を入れます。