個人 情報 保護 法。 2020年・改正個人情報保護法の概要(情報の「提供」編)|関原 秀行(Sekihara Hideyuki)|note

3-3-2• 令第1条第7号イに掲げる証明書 国民健康保険法(昭和33年法律第192号)第111条の2第1項に規定する保険者番号及び被保険者記号・番号• 個人情報保護法はIT化に対応していくために生まれた• 個人情報の保護に関する法律(平成15年5月30日法律第57号) [ 基本方針• このようにデータベース等の中に組み込まれた個人情報のことを「個人データ」という。

「個人情報保護法」各種規程サンプル集 「個人情報保護法」が4月1日から全面施行されることに伴い、事業の用に供する電子ファイル又は紙ファイル等のデーターベースを構成する個人情報によって、識別される特定の個人の数の合計が、過去6ヶ月間のいずれかの日において、5000人を超えている事業者は、個人情報取扱事業者となります。

雇用保険法施行規則(昭和50年労働省令第3号)第10条第1項の雇用保険被保険者証の被保険者番号• 外国事業者も報告徴収・命令の対象に 現行法下では、外国事業者については一律で、個人情報保護委員会による報告徴収や命令の対象外とされていました。

他人を被疑者とする犯罪捜査のために取調べを受けた事実や、証人として尋問を受けた事実に関する情報は、本人を被疑者又は被告人としていないことから、これには該当しない。

〇 個人情報保護法は、それぞれの個人情報取扱事業者が個人情報を適切に取り扱うことを求めている。

令第1条第7号ハに掲げる証明書 同号ハに掲げる証明書の番号及び保険者番号 規則第4条 令第1条第8号の個人情報保護委員会規則で定める文字、番号、記号その他の符号は、次に掲げるものとする。

一つ一つのルールは細かいが、全体像が分かっていれば、必要に迫られてルールの詳細を調べるときにも役に立つかと思う。

また、民間保有情報については、こうした法制度がなく、関係省庁が作成するガイドラインや業界内部の自主規制にゆだねられていた。

20