戦場 の ピアニスト あらすじ。 戦場のピアニスト : 作品情報

今の生活や仕事に悩んだりすることが多々ありますが、今の自分がどれだけ恵まれているか、どれだけ幸せな生活を送っているかがこの作品を観ればよくわかります。

映画という虚構は常にこうしたリスクと隣り合わせにあると言っていい。

この映画まるまる一本が、このワンシーンのために撮られたかのように美しさが凝縮されてる。

何者かと聞かれたシュピルマンは、もう終わりだと思いつつも、ピアニストだと答えます。

次の隠れ家はドイツ軍の病院の向かいにあったが、支援者からの食料差し入れが滞り、内臓疾患で死に掛けることもあった。

終戦後、再び演奏家として活動を始めたシュピルマンは、亡くなった人と故国へのやりきれない思いをピアノにこめて演奏するのでした。

1972• 下のポーランドでは、主人公シュピルマンを救ったのが旧敵国のドイツ人では好ましくないため、やむなくオーストリア人としたが、ポーランド共産主義政権の手によりすぐ絶版処分となった。

演:ジュリア・レイナー• それで、憶測でドイツ将校がピアノを演奏する人か奥さんがピアノを弾く人かと思った。

しかし、いつも思いますが結論として特級映画であることは間違いないものの、それは原案ないし脚本、すなわちお話がよくできているからであって、そこそこの技術を持った監督なら同様に高水準の仕上がりになったんでしょうか?答は否ですが、ではどこがどのように具体的、技術的にポラン君が優れているのか私には説明できないし、その辺りをきちんと解明した評論やレビューに出会ったことがない。

怖いほどの美しさとは、このような動きのことを言うのだろう。

1975• 見どころ 『戦場のピアニスト』(The Pianist)というタイトルが付けられているが、音楽を演奏するシーンはほとんど存在しない。

73