明星 食品。 「チャルメラ」「一平ちゃん」の明星食品が日清食品に買収されたワケ

16

楽器のが屋台のラーメン屋のシンボルとして使用されていた事から、それにちなんで付けられた商品名で、パッケージにもチャルメラを持つ屋台のラーメン屋のおじさん(後に「チャルメラおじさん」と呼ばれるようになる)が描かれている。

チャルメラ 発売45周年。

この技術を各社が模倣し、即席麺の標準型となり現在まで引き継がれている。

ドカッ盛り 太ちゃんぽん• )は、に本社を置く傘下の加工品会社。

必ず(通称、チャルメラにゃんこ) を一匹引き連れているが、猫の種類は主に。

シリーズ(オープンプライス商品。

の「 」と合弁で韓国に即席麺の工場を開設(日本国外での即席麺工場開設の起源)• (毎日放送・TBS系 1月 - 3月)• 中麺 -ちゅんめん-(袋めん。

特に袋めんは同社を代表する主力商品となっている。

主力2ブランドから始めたFSC認証紙への切り替え 明星食品のロングセラー商品である「明星 中華三昧(以下、中華三昧)」と「明星 一平ちゃん夜店の焼そば(以下、一平ちゃん)」。

その後、佐野実シリーズは「チャルメラ縦型カップ」「中華三昧シリーズ」「一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛」にも登場した。