度々のご連絡失礼いたします メール。 度々のご連絡を失礼いたします。私毎の悩みに時間をさいて読んで頂くだ...

いざ、お礼メールを書こうとして、急に手が止まってしまう人も決して少なくありません。 ご不快な思いをさせてしまいましたことを心からお詫び申し上げます。 」です。 この小さな差が、後々の大きな差へとつながっていくのです。 重ねてという表現のスタンダードな使い方の一つなので覚えておきましょう。 質問が重なる場合は「度々の質問申し訳ございません」と一言加えてから本題に移ることで、謙虚な態度を表すことができます。 例えば同じ相手に何度もメールを送らなければならない状況のとき、2通目のメールに「お忙しいところ、度々すみません」と使うことで、何度もメールを送ることに対する謝罪の意味を含ませることができます。 お世話様です 「お世話様です」は、「ご苦労さまです」という意味合いも含んだねぎらいの言葉です。
特にお客様への謝罪では、状況によってはメールのみの謝罪は伝え方を間違うとさらに大きなトラブルに発展する可能性があります。 言い換え表現について 「五月雨ですみません」の言い換え表現は非常にシンプル。 「度々」の後に「すみません」や「ありがとう」と付けて使われることが多く、メールや電話関係なく使うことができます。 「何の話しもしてくれずこのままでは終われない、解決にもケジメもつけられないから、どうか連絡ください。 今後とも、弊社製品のご愛顧を賜りますようお願いいたします。 相手側にその出来事の余韻が残っているうちに送らなければ、お礼の効果は半減してしまいます。 この表現は「お忙しい中重ねてのご連絡失礼いたします。 この二つの言葉が重なることで「度々すみません」という表現となっています。
12