猫 避妊手術 腫れ。 去勢・避妊手術後の猫はデリケート!飼い主が気をつけてあげること

我が家では、避妊手術は必ず卵巣子宮摘出をお願いしています。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• 打たれたワクチンは3種でした。 メスは、傷口に絆創膏を貼られたり、退院時に腹巻きのような胴衣を着せてられる、またはエリザベスカラー(私はパラポナアンテナと呼んでいますが)という首に装着する傷口をなめさせないための器具を渡される事があるでしょう。 その場合でも、妊娠はしません。 お互い毛づくろいし合う仲で見ていられる時間が短くて不安であれば、こねこさんならカップラーメンの容器で自作カラーを作ることもできますよ! 病院のカラーと違い、作ったあとの首周りの調節はできませんが、大きすぎてブカブカになってしまったらタオルをかませるといいです。 出産から2ヶ月くらいまでは授乳期間ですから、ちょうどこれからしぼむかと推定されます。 大抵が手術後に比較的起こる手術部位の炎症によるものです。 そのため、一番ベストなのは、つつがなく手術をし、 何事もなく帰って行ってくれる事です。 それ以外のご病気可能性については、冒頭通り、獣医さんのきちんとした診察が必須です。
30