西岡 秀子。 西岡秀子(にしおかひでこ)

(会長) 親族 [ ]• の頃からに憧れて志望だったので、小学校5年生から政治家になるまで 、同級生全員の約300名に毎年・を送っていた。 これを受け、仙谷は「参議院の議長が言っているのだから、重く受け止めたい。 自民党復党から新進党へ [ ] (昭和61年)の総選挙で当選した後はに所属。 しかし、政策、党の路線をめぐり、としてにも配慮を示す河野や田川と、あくまで保守主義を念頭に置く西岡、山口らとの間に亀裂が生じ、(昭和54年)7月に西岡は単独で新自由クラブを離党した。 人前でをする姿を晒すのは恥ずかしいと言う考えを持っており(もちろん、他人にそれを求めることはしない)、自民党総務会長在職中、の応援や講演等でにした際、がない時は移動のの中でなどを食べなければならないが、決まって「僕はいいよ」となるので、同行した党職員も総務会長を差し置いて弁当を食べるわけにもいかずに、困ったことがあったと言う。 (平成2年)2月に早稲田大学雄弁会及び三木派の先輩で、同じ文教族である首相の強い意向でに就任し、党三役入り。 (昭和55年)12月、自民党復党。 。
1月、次期に公認で(定数1)から立候補する意向を表明した nishiokahideko -. 同年のに保守系無所属で出馬し、当選
詳細は「」を参照• 別に反論はない」と述べた 当初、西岡は出馬を固辞していたが、ら党幹部の説得を受け、出馬の要請を受け入れた
しかしなお参議院第一党であり、は第一党から出すことになっている慣例を楯に民主党は西岡を議長に推すものの、前国会での江田参院議長、西岡参院議院運営委員長らの国会運営に反発する自民党執行部とみんなの党は自民党からの議長選出を主張した 主な参加議員連盟 [ ]• 政策・主張 [編集 ]• 国政復帰を果たした
西岡を江田の後任の議長とする流れが固まり、自民党は副議長候補を擁立することになった 、代表が民進党を事実上解党し、からの立候補を容認する方針を表明
外部リンク [編集 ]• 行き着く先は、強者がより強く、弱者がさらに苦境にたたされる「弱肉強食」の格差社会です 結党に参加し、幹事長に就任
あわせて若者の政治参画についても選挙制度改革のなかで議論すべきです 続くでも文相に留任した
(昭和51年)6月22日、自民党離党 「仙谷氏、尖閣事件めぐる西岡議長の批判に『重く受け止めたい
神聖な議場には揃いので入るべきだ」と苦言を呈したこともある 2011年11月5日閲覧
13