Live2d パーツ 分け。 SpineでGF(仮)のガールを動かしてみた(メイキング1/2:Spine基礎編)

29
すべてフォルダ整理できたら、Photoshopでイラストデータを開き、インストールしたスクリプトを実行します 素材分けは、イラストをまつげや目玉、輪郭などを部品ごとに分ける作業のことで、 Live2Dのモデリングをする際に必要な作業になります
特に、Photoshopを使用している場合はカラーモードが多彩なので注意が必要です 曲線の軌跡を辿るような動きをするものや、長いロープなどに有効です
素材分け用PSD: 主にパーツの加工・編集を行う際に使用 インポート用PSD: Cubism Editor に読み込む際に使用 素材分け用PSD 素材分け用PSDはモデル制作中、パーツの描き足しや更なる素材分けが必要になったときに加工・編集を行うPSDです json を書き出す」にチェックを入れてOKを押します
イラストレーターさんがパーツ分けを行う場合も多いと思いますので、専門的な部分も細かく解説していきます moc3ファイル書き出しの際に 「表示補助ファイル cdi3. なぜかというと、Live2Dのマニュアルに下記のような注意書きがあるからです
なので、チャンネルを気にする必要はなさそうです
パスコンストレイント ボーンに 曲線に沿った動きをさせることができます その違いは、企業に属しているか、そうでないか、です
中央にメッシュが集まっていて少しいびつなのがわかります その理由は、最終的に全体の調整する時に 周りのパーツとの馴染ませ作業がしやすくなり、作業工数の軽減 かつ、クオリティの高いパーツ分けができるからです!!! そして、塗りたしが必要な部分があれば、塗りたしを行います
Live2Dで使用するイラストの前準備・髪の毛編です 今回はそのままにしておきます
下絵を半透明に表示させる 変形させる際、特定の形にしたい場合に、参考を表示させると作りやすくなります この後、動かしてみるとこの形の必要性がわかります
目や鼻はもちろん、前髪だけで左右の横髪や前髪の1房ごとにパーツ分けします 合成モードは通常以外に「加算」「乗算」「スクリーン」が使えます
23