イー リバース。 イーリバースドットコム リニューアル|クライアントワークス|プロジェクト事例|SINAP

データ集計• イーリバースドットコムは、産廃処理業者とJWNETを仲介する形で電子マニフェストWEBサービスを開始。

伝票により処分終了確認を日本産業廃棄物処理振興センター(JWNET)に報告しなければならない。

8万円/月(DevOpsエンジニア)です。

携帯・モバイルサイト• エラー・トラブル• 産業廃棄物の処理過程を管理する「電子マニフェスト」(産業廃棄物処理管理票)を代行するイーリバースドットコム(東京都江東区・高橋巧社長)は、サービスを開始して10年を迎え、ゼネコン、地方企業など約1000社から「産廃管理業務の負担を劇的に軽減できる」高い評価を受け、業界ナンバーワンのシェアを誇っている。

これは、 排出事業者、収集運搬業者、処分業者が入力した数値が違っていた場合に、あらかじめどれを『正』とするかを決めておく機能です。

今後もイーリバースドットコムでは、建設現場で発生する残土や汚染土運搬、購買された燃料や電力等に係るCO2排出量データの管理を行う仕組みの提供を行ってまいります。

主力サービスに関するコンテンツの追加・改修による情報の複雑化• 最初こそ、排出事業者に連絡して設定してもらう必要がありますが、このひと手間で、マニフェスト登録後の細かな手間がグッと減ると思えば、やる価値はあるのではないでしょうか?. 従来のサービスをご利用いただくことによって、これらのCO2排出量データを提供できるのはイーリバースドットコムが国内で唯一です。

当社のミッションは、お客様が本業に専念できる環境を構築し、共に悩み、解決する企業として、社会インフラと地球環境の発展に貢献することです。

85

カタログ 電子マニフェストサービス『e-reverse.com』• そのうえで、これまでご案内してきたサービスの情報量も落とすことなく、イーリバースドットコムのお客様がサービスをよりスムーズに検討できるようなサイトを実現しました。

マニフェスト作成• 今後新たに事業を展開していくにあたっての情報開示スペースの不足 シナップではこれら課題の解決にあたり、要件定義フェーズにおいてUXデザインプロセスを用い、現状の調査・分析、ターゲットユーザーの理解と整理、ペルソナ、カスタマージャーニーマップを使ってサイトのあるべき姿を定義し、課題の解決施策の検討をクライアント共に行ってまいりました。

・ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)に興味がある方• comは排出事業者約2,000社が導入、これまで40万を超える現場で利用され、廃棄物処理管理業務の効率化に寄与してまいりました。

徹底して顧客ニーズを知ることでクライアントの「心頼」を得て、自社開発の傾向が強い建設業界でのシェア獲得を果たしており、建設業界に存在する様々な現場課題を解決するために新たな事業・サービスへのチャレンジを続けています。

受入確定• アドバイス 初期見積もりでも必要なものは全て入れて作成して頂きましたが、結果、打ち合わせをしていく中でこだわり等出てきた為かなり値上がりしてしまいました。

また、鹿島建設、大成建設、大林組、竹中工務店などをはじめとした、ゼネコントップ100社のうち9割近くに利用されており、圧倒的なシェアを築いております。

同社は次のステップとして、獲得したアカウントを起点に、顧客企業との関係性をさらに強化し、さらに顧客企業のニーズに広く応えていくアクションを起こしています。

・後日、ご登録のメールアドレスまたはサンカク上のメッセージでサンカク運営事務局より参加可否のご案内をお送りします。

JWNETでは、この一連の流れを電子化し、登録、報告できる制度をスタートさせているが、「社内システムとデータ連携ができない」「現場運用に即した機能が無く効率化が図れない」など、煩雑な操作方法で普及率が伸び悩んでいた。