国税庁 e tax。 会計ソフトから出力したデータで電子申告する方法【e

1回目の期限延長や自宅から申告ができるe-Taxの利用増加などから確定申告会場の混雑を緩和させつつ、すでに昨年比で9割の申告が行われる どの媒体を介してデータを送信するかは自由ですが、初心者にはe-Taxソフト WEB版 か、会計ソフトの独自ツールが使いやすいです
ここで「国税庁システムで電子申告」を選んでおけば、「e-Taxソフト」と「e-Taxソフト WEB版 」に取り込める形式で申告データが出力されるわけです 「電子申告アプリ」は、あらかじめインストールを済ませていれば、確定申告書類の作成画面からそのまま起動できます
書面・e-Taxどちらでも17日以降の申告が認められるが、17日以降に提出する場合は理由の申告が別途必要となる ダウンロードしたe-Tax申告データは、e-Taxソフト(WEB版)に取り込んで、電子申告を行うことができます
詳しくは以下のリンクから確認が可能だ マイナンバーカード方式によるe-Taxの利用開始 e-Tax公式サイトのから「e-Tax受付システム」にアクセスしましょう
本記事ではクラウド会計ソフト「 」の「電子申告アプリ」を例に説明します 大手3社が提供するクラウド会計ソフトの対応状況は、それぞれ以下の通りです
27

独自ツールもあらかじめインストールしておこう 会計ソフトの「独自ツール」を使って申告データを送信したい場合は、そちらの準備も済ませておきましょう。

「マイナンバーカード方式」の手順を踏めば、本来必要な「開始届出書」の提出を省略して、簡単にe-Taxの利用登録ができます。

e-Taxで申告する場合は、[確定申告の手順]画面の[申告方法を選択します]で、[電子申告(e-Tax)を利用して申告します]を選択して申告書を作成します。

e-Taxソフトならほとんどの書類が省略可能 e-Taxソフトで追加の操作を行えば、会計ソフトから取り込んだ申告データに、あらゆる添付書類のデータを付加できます。

とが必須• インストール型のe-TaxソフトはWindowsパソコンでしか使えない• 特に「独自ツール」なら、会計ソフトで申告データを作って、そのままカンタンな流れで送信まで済ませられます。

電子納税を選択する場合は、ソフト内のメッセージボックスに届く「受付結果」から納付手続きを行いましょう。

参考: なお、新型コロナウイルス感染症の影響によって、国税を一時に納付することができない場合は、税務署に申請することで、原則として1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められる。

出力したデータをそのまま送信することはできませんが、事前準備などの手間を考えると、そちらの方が手っ取り早い場合もあります。

92
添付書類の扱いについて 電子申告では、添付書類(控除証明書など)の記載内容も、申告データと一緒に入力して送信できる場合があります。 参考:. なお、電子納税をする場合は、その後に届く通知から手続きを行いましょう。 マイナンバーカードとICカードリーダーが必須 会計ソフトから出力したデータで電子申告を行う際は、マイナンバーカード(電子証明書)と、それを読み取るためのカードリーダーが必須です。 でも、電子申告用のツールはインストール型が基本です。 また、確定申告書類の作成画面でも注意書きが表示されたりします。 電子証明書は、インターネットを利用したやり取りにおいて、免許証やパスポートのような本人確認の役割を果たすものです。 問題なく送信できていれば、電子申告は完了です。
49