縫合 不全 観察 項目。 腹腔ドレーンのアセスメントのポイント【排液の量・色・合併症/刺入部】

35
また、緊急時などは特に縫合不全を起こしやすい条件(感染・浮腫・虚血など)がそろっているため、前もって術中に溜まりやすい部位へドレーンを留置してくることがあります 実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい
ドレーンからの排液と性状と量• また、ドレーンが抜けていないかも確認しましょう 「挫折や苦労は人生の最高の財産」 「自分を助ける最強のパートナーになれるのは、自分自身」 人と幸せに生きるためにも、まずは自分を整える
血液疾患や、肝硬変で門脈亢進を止めるために脾臓を切除する場合がありますが、件数は多くはありません 腹膜炎を合併した場合は再手術を検討する 看護のポイント• 特に、 消化管の手術は不潔部位も多いため 感染のリスクが高いと言われています
糖尿病• 腹膜反転部より上で吻合する場合は上位前方切除術になります 吻合部の過度の緊張や血行障害• 異常を認めたら、ただちに医師に報告します
縫合不全を起こしたら、 再縫合や 抗生剤投与を行う• X線透視下での造影にて縫合不全の診断を行う場合、造影剤の影響により下痢をきたすことがあることを事前に説明する• これは、排尿障害と同じようにリンパ節郭清で、自律神経を損傷してしまうためです 創部感染の場合、術後3~4日頃から兆候が出る
ガーゼ交換には患者さんの苦痛を伴うので、患者さんの痛みに寄り添ったケアを心がけましょう 血糖値が高いと創部治癒を妨げ、感染の原因にもなるため、術後は血糖チェックとインシュリンで 血糖コントロールを行う• ドレーンからの排液の色・性状・量・匂い、およびドレーン周囲の感染徴候• 低位前方切除術は肛門を温存できる手術であるものの、術後合併症のリスクも大きいので、看護師は術後合併症のリスクを最小限にするためのケアを行うようにしましょう
縫合不全を起こしたところから腸の内容物が腹部の内側へ漏れ出すことで、腹膜炎の発症につながります リンパ節を郭清する時に、排尿機能をつかさどる神経が損傷されると、排尿障害が起こることがあります
38