多 動 性 障害。 ADHD(注意欠如・多動性障害)の症状|疾患ナビ|大正健康ナビ

55

また、強い不安感が常に付きまとう不安障害は、大人のADHDの2~3人に1人以上に併発しているというデータもあり、うつ病や不安障害の症状で医療機関を受診したところ、ADHDが見つかるというケースもあります。

車を運転する際に、過度にスピードを出し過ぎてしまったり、無理な追い越しを繰り返すことがある ADHD(注意欠如多動性障害)の原因と、その後の経過 現時点では、ADHDの発症原因ははっきりしていません。

その他の特徴など、ADHDについては、参考リンクや下記の関連記事も参考にしてください。

いずれも、ご本人の様子を観察することやご本人の集中のしやすさといった意見を聞くことも重要と言えるでしょう。

薬が処方される場合は、多動-衝動性や不注意を軽減することが目的です。

ADHDは特性のひとつです。

神経の興奮を抑えるにはカルシウムも必要です。

ADHDの症状と似た症状を示す精神疾患は多く、ADHDとこうした精神疾患を区別するためには、専門機関での診断が重要となります。

(3) ADHDの診断 以下のような条件がすべて満たされたときに、ADHDと診断されます。

78