2700 系 運用。 【振り子再来】遂に2000系本格置き換えか!?JR四国2700系気動車の完成発表を受けての考察

JR四国は2021年3月13日にダイヤ改正を実施する。

2021年3月13日から10本すべてが2700系に。

3 mm H 3,445 mm 屋根高さ 3,855 mm 全高 重量 47. 新型車両2700系は、2017年にデビューした特急形気動車2600系をベースに、山間部の曲線の多い区間に対応するため、2000系で実績のある制御付き自然振子式システムを引き続き採用。

列車名はにあるから採られている。

使用車両の解説 2700系 2019年から導入されている、 現在最も新しい四国の列車。

高松~徳島間に2700系下り10本/上り9本と、2600系4往復、それにキハ185系が1往復、岡山~徳島間に2700系2往復の、合わせて下り17本/上り16本という運転本数は、 気動車特急としては日本の鉄道史上で最多である。

車体や駆動系、客室などの基本部分は2600系を踏襲しつつ、帯の色やロゴなどを一部変更し、振子作用のために屋根高さを低く抑えて車体裾部を大きく絞り込んだ構造としている。