看護 計画 ep。 嚥下障害のある患者の看護/看護目標と看護計画(OP・TP・EP)

せん妄は、うつや認知症と間違われやすく、誤った対処により遷延化させると死亡率にも影響を与えるため、適切な鑑別と対応が大切です。

体重増加• それでも経口から食事をとれない場合、Drに報告し点滴での栄養管理や、家族や本人が経鼻栄養や胃瘻を望んでいるかヒアリングする調整を行う必要があります。

人格変容は少なく予後は良いとされています。
抗てんかん薬 症状に合わせて選択することがあります。 強迫行為 強迫観念による不快や不安を消そうとするために意味の無い行動を繰り返ししてしまう状態です。 (必要に応じ)食事介助• 目標設定• 月経異常• 活動と休息のバランス• 徘徊 など 6. 日常生活で獲得した「正しい行動」ができることで与えられる「社会的強化」をしていきます。 四環系 抗うつ薬のことです。 大変な作業ですが、この計画が今後の看護の方針を決定します。 addEventListener "orientationchange",n. 「 この患者さんにはこんな看護問題があって、こんな看護計画をするんだ」っていう、共通認識が必要なんです。 アセスメントで「この患者の今の看護問題はこれだ!」と、立案した問題です。 低タンパクや低脂肪、脱水になると皮膚の適度な湿潤が維持できなくなる。
36 62