藪原 検校 チケット。 公演詳細

盲目の身に生きる術を得るべく塩釜の座頭・琴の市に預けられ、もらった名前が杉の市。

殺し殺してまた殺し、その手を血に塗れさせ、悪の限りを尽くしながら、 己の身と金の力を頼りに、江戸の盲人の最高位である検校にまで登りつめる。

稽古から数えますと本日がひとつのゴールだと思うのですが、お客様の前で演じることで改めて気付くことが沢山あり、ここからがスタートなのだと、今日新たに思い直したところです。

興行主の同意のない有償譲渡は禁止されています。

お客様ご自身で半券を切り取ってご入場ください。

また、咳エチケットは必ずお守りください。

チケットぴあ 発売日特電 0570-02-9522 1月16日以降 0570-02-9999 Pコード 503-870• なお、政府や地方自治体からの判断により変更が生じた場合はその指示に基づいてご案内をさせて頂きます。

また公衆電話から一部、ご利用できない場合があります。

詳細はをご参照いただくか、以下へお問合せください。

特に、表現者、野村萬斎さん演じる「早物語」という、語りのリズムが素晴らしい。 当劇場2階席への移動は階段のみとなります。 ご入会手続きの前に、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 予定枚数に達し次第、販売を終了いたします。 初日とは思えない出来栄えになったのではと思いますし、私自身初演を上回る充実感を得ることができました。 お心あたりの方がいらっしゃいましたらご連絡お待ちしております。 藪原検校は「忍者ハットリくん」の主題歌の作詞を手掛けた劇作家である井上ひさしの作品。 余談ですが… パンフレットには、初演時に芝居の中で「『盲』という差別的な言葉の連発」に対する批判からはじまって NHKでは同様な言葉の制限から、すでに古典落語の放送すら不可能になってきているというのです。
29