図書館 戦争 実写。 図書館戦争 (実写作品)

業務部員が所属する 全編における銃撃戦の発砲音数は5000発以上に上った
『別冊 図書館戦争I』 2011年7月23日 ISBN 6. 幼少のころから本が大好きで、高校3年生の秋、良化機関員のから救ってくれた王子様(図書隊員)に憧れて図書隊員を志す 封鎖された市街地を抜け良化隊の攻撃を受けた篤は郁を守って重傷を負う
柴崎とは、兄の手塚慧や「未来企画」に関する成り行きから秘密と情報を共有することになって以来、微妙な間柄となる 郁への気持ちには蓋をするつもりであったようだが、ごく稀に公私混同するような行動(手塚慧に会いに行った郁を強引に迎えに行くなど)や、郁が心細がっている際に手を握るなどの行動を取ることもあり、手塚以外の周囲にはバレバレである
笠原郁 榮倉奈々 は、そんな厳しい時代でも読書の自由を守るため誕生した、図書館の自衛組織「図書隊」に入隊することを決意します 慧はここで郁を食事に誘い「未来企画」の意義を説明する
制服とエンブレムは媒体毎に異なり、漫画版では詰襟型、アニメ版ではナチス風のエンブレムと制服になっている
13

好きなカップルBEST10」では小牧とともに第4位、2013年5月号の同ランキングでは第6位。

その後2003年のドラマ『WATER BOYS』で主人公の親友・安田孝役の演技が光り、注目を集めることに。

アニメでは劇場版にて登場。

あくまで主人公たちのラブストーリーとして楽しむなら別の感想もあるでしょう。

である良化特務機関に対抗するためとしての性質を持ち、独自の、管理を行う。