花粉 情報 大阪。 花粉カレンダー|花粉症ナビ

:南では早く、北では遅い。
名古屋・東京では4月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなる見込みです この時期は感冒も流行しています
花粉症に関する質問・相談がありましたら最寄の保健所にご相談ください 藤井寺保健所(藤井寺市藤井寺1-8-36)屋上で測定した花粉飛散状況です
花粉症に関する質問・相談がありましたら最寄の保健所にご相談ください ハンノキ属は1月から捕集され2月になると全域で圧倒的にスギ属花粉の季節を迎え、関東では大量に長期に5月まで捕集された
しかしスギ花粉飛散時期にうまく症状のコントロールができなかった場合、過敏性が高まり温度変化や少しの刺激でくしゃみが出てきます ヒノキ科花粉飛散によってスギ花粉症の殆どが悪化します
ヒノキのピーク時期も例年よりやや早いところがあるでしょう ヒノキ属は3月から4月を中心に約1力月問続く
34

金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはないでしょう。

出典:鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2020年版(改訂第9版):P26, 2020. すでにスギ花粉の飛散が本格化しピークに入っている関東では、3月下旬までピークが続くと予想です。

ストレスも駄目、花粉症悪化の犯人の一人 花粉飛散情報と時期ごとの対策 初期 晴天用 府下一円で小規模な飛散がおこっています。

6人にひとりは花粉症であると言われるほど多く、代表的な症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、流涙などがあります。

大阪で花粉の飛ぶシーズンは、スギは2月中旬~4月、ヒノキは4~5月上旬、イネ科の雑草は5~6月、秋の雑草は9~10月頃です。

茨木保健所(茨木市大住町)屋上で測定した花粉飛散状況です。

花粉症対策には、まず花粉症について正しい知識を持つことが大切です。

金沢・仙台のピークは例年並みで、3月中旬から下旬にかけてとなるでしょう。

名古屋・東京では4月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなる見込みです。

32