マイナポイント デメリット。 話題の「マイナポイント」メリット&デメリット(1/2)

16
また、2021年3月より健康保険証として利用できる予定です 上限が2万円までの利用(最大5,000円分のポイント還元)という点が微妙• この点も考慮し、どこを選ぶかは慎重に決定しましょう
楽天カードのポイント付与日 🔶 dカード:決済完了後、売上情報の確定時 🔷 Oricoカード:毎月の利用金額に応じ翌月20日頃 🔶 WAON:当月利用分を翌月末頃 🔷 nanaco:チャージした2~3日後 🔶 d払い:決済と同時 🔷 Fami Pay:チャージ後3日以内 🔶 LINE Pay:売上確定時 QR決済は全体的にポイント付与が早いですね わからなくても登録できるにはできるんですが・・・
この予約という言葉が今一つわかりにくいのですが、上図を見ていただくと、マイナポイント事業でポイントを付与するために、国がキャッシュレス事業者とマイナポイントの利用者(個人)情報を個人情報の漏洩なく共有する目的で、マイキーIDという個別に割り当てられるIDが必要となります カードがなければ、マイナポイントのポイント還元を受けることができません
今後生まれてくる赤ちゃんに対しては、個人番号通知書が発行されることで、マイナンバーの番号を確認することができますが、これまでのマイナンバー通知カードのように、マイナンバーを証明するために利用できなくなりますので、注意が必要です では、現金派の人にとってのメリット、デメリットはどのようなものがあるでしょうか
今後は、が必須となってきそうですね それぞれメリット・デメリットを見比べた上でマイナポイントを利用した方がよさそうですね
1