ディエン ビエン フー。 戦争映画「インドシナ激戦史1954

一方、ディエンビエンフーにおいては徐々に包囲網が形成されており、12月末、偵察中の第1外人落下傘大隊 1st BEP が初めてベトミン軍の待ち伏せ攻撃に遭遇した。

陣地は巧みに秘匿されており、射撃位置を発見することは極めて困難であった。

劣悪な環境では負傷者の手当てや救助もままならず地獄の悪夢が続きます。

54年3月13日、ハノイ。

2本の平行する道路の間には川が流れ市街地を2分している。

だがついに1888年11月に捕捉されて島流し。

南地区 (陣地:Isabelle) 中佐アンドレ・ラランド 機動グループ6 第3外人歩兵連隊 第3大隊 第1アルジェリア狙撃兵連隊 第2大隊 第7アルジェリア狙撃兵連隊 第5大隊 第2空挺グループ 中佐ピエール・ラングレ 第1外人落下傘連隊 第8強襲落下傘連隊 第5ベトナム落下傘連隊 砲兵 大佐シャルル・ピロト (のちに中佐ギィ・ヴァイヤン) ピロト大佐は1954年3月15日から16日にかけた夜に手榴弾自決。

」 バン大佐はこのように話しました。

ベトナムは旧ソ連の専門家の援助を受け、SAM2の弱点を克服することができました。

友人を救うためA1の丘の情報をもっと伝えるという。

53
意味は当初のマギルゥ曰く『』との事だったが、実際の所は『可愛い帽子💛』で、この頃のマギルゥはだったらしい
基地内の水不足が顕著になり、基地の外に水を確保する任務にカロ大尉が志願する 彼のノルミンとしての本名は『ノルミン・ブレイブ』
戦闘の考証がまだなされているとは思えない時期で、ストーリーや設定的にはいささか?な箇所もあるが、それを超越する新鮮さがそこにはある イベント「幸せのノル様人形」で、名前のみ登場
以後、交戦の頻度が増加し、12月28日には状況視察中であった参謀長が砲火を集中されて戦死するに至った この観測に基づき、11月24日、第148独立歩兵連隊および第316師団はを、第308、312、351師団はディエンビエンフーを攻撃するよう命令を受けた
この計画立案過程で注目されたのが、北西部に位置する市であった その様な重火器を運び上げる機械や車両もないというのがその理由
受勲者のデュロック中尉も帰らぬ人となる 司令官には Christian de Castries 大佐が補職された
だがこれはフランス人の予定通りの罠 なお、上記の財産・部下は 「同行するには荷物が多すぎる」としてマギルゥによって勝手に処分された
しかしこの計画はあまりに冒険的と判断され、またディエンビエンフー市一帯は北部有数のであり、これを確保することで南部の穀倉地帯である紅河デルタに対するベトミン軍の圧力が分散することが期待されたことから、同市が補給・航空基地と防御基地を兼ねることとされた 供与された武器の中には接収したのも含まれており、活用されたといわれる
83