親戚 へ の 年賀状。 年賀状に添える気の利いた一言コメント文例を相手別に解説

ちなみにこちらの記事で、年賀状を 元旦に届けるウラ技を紹介しています。

ママがママ友に年賀状を送るときには、日頃のお礼などを一筆添えるとよいでしょう。

そういった場合、「Happy New Year」だけではなく、今年はちょっと気が利いた言い回しをしてみてはいかがでしょうか。

ふさわしい賀詞 年賀状では、挨拶文の前に「賀詞(がし)」を書きます。

・ご健康を第一に、お体をご自愛くださいますようお祈りします ・厳寒の折から、お体を大切になさいますようお祈り申し上げます。

今年は新たな家族が増えそうです!!• お体にはお気をつけください。

義母がその辺うるさいので 私は毎年年賀状を減らしています
「久しくご無沙汰いたしておりますが ご家族皆様お変わりありませんか おかげさまで こちらは家族皆元気に新年を迎えることができております 毎日寒い日が続きます ご自愛ください」 「長らくご無沙汰いたしまして申し訳ありません こちらはおかげさまで元気に頑張っております ご家族の皆様で良い一年をお過ごしください」 疎遠な親戚の方は、相手がどのような状況なのか分からないことも多いので、近況は詳しく書かなくても良いでしょう しかし、そんな年賀状こそ受け取る側にマナーをチェックされている場合があります
・「今年は家族でお会いできることを楽しみにしています」• 自分の親戚とも親しいお付き合いがあるわけじゃないのに、 夫側の親戚となると、まるで接点がない ご無沙汰いたしております
以下が例です 時間が空いてしまっている場合には、 「自分の近況」をプラスするのもOKです
ご無沙汰しておりますがお変わりなくおすごしでしょうか• 縦書きか横書き 縦書きが基本です 挨拶文と同じくデザインも、親戚との間柄を考えて判断していくとよいと思います
42