水戸 市立 図書館。 水戸市立図書館指定管理者制度導入に対しての市民ボランティアの設立・活動の取り組み

2018年(平成30年)4月1日 - 内原図書館が指定管理者の図書館流通センターによる管理運営となる 2m 2)はすでに茨城県立図書館が仮館として借用していたため、場内を二分する形で 利用した
00 2,611 稲荷第二市民センター 栗崎町1695-4 33. 実施館は東部・西部・見和の3館である 同時に水戸市北部・中心部の地区図書館としての役割も担う
宇都宮・水戸・草津 文化や歴史、互いに紹介"朝日新聞2011年10月27日、栃木版28ページ• 12 常澄図書館 大串町2134 2008年4月 70,141 542. しかし利用実績向上には結びつかず、貸出冊数は1960年(昭和35年)度の7,632冊に対し、1965年(昭和40年)度には2,878冊に落ち込み 、館内閲覧者数も1960年(昭和35年)度の19,688人から、1965年(昭和40年)度は3,119人 に減少している 利用条件は保護者と子供がともに水戸市内に居住し、保護者は水戸市立図書館の利用カードを保有していること、子供は1歳から未就学児までの年齢であること、となっている
託児サービスは、利用者が託児中にの技術を身に付けて図書館に作品を贈ったり、資格所得を実現したりといった効果を、育児コンシェルジュは者の多い水戸市で育児相談ができる相手や友人を見つけた人が現れるといった効果を上げている (昭和30年)12月31日時点の蔵書数は図書12,907冊、雑誌3,001冊であった
30 2,150 双葉台市民センター 双葉台2-1-5 35. よくする会の請願から1年になる1979年(昭和54年)12月に移動図書館車が発注され、よくする会などの意見を取り入れて巡回コースを確定し、市民公募で図書館車の愛称をにある好文亭にちなみ「こうぶん号」と命名するなど準備を進め、1980年(昭和55年)4月15日に大町の新図書館開館を待たずして運行を開始した 1946年(昭和21年)1月 - 茨城県立水戸商業学校で事務を再開
さらに1980年(昭和55年)4月には職員が16人に増員された 共同学習エリア、グループ学習室、セミナールームは、学生及び教職員、名誉教授は利用可能です
水戸市立図書館条例(昭和55年3月28日水戸市条例第20号)第2条• 旧制水戸高等学校資料• 「水戸市6館目の図書館」朝日新聞2010年4月20日付朝刊、茨城版31ページ• 2019年10月10日閲覧
64

新しい図書館は(昭和9年)に完成した塔屋付きの和洋折衷2階建ての建物で、延床面積は222. 2019年10月10日閲覧。

導入当時は日本全国で見ても珍しい取り組みであった。

今後民間活力の名の下に安易な「公共サービスの産業化」が推進される可能性があり、サービスを受ける市民と連携しながらどのようなサービスが「公共サービス」にふさわしいのか議論する必要があるのではないだろうか。

2016年(平成28年)4月1日 - 東部・西部・見和・常澄図書館にを導入。

主な活動内容 おはなし会(毎月)、すばなし会(毎月)など 収集資料の特色 元水戸市長故佐川一信氏より寄贈を受けた、判例集や労働法等の図書・雑誌など約4,700冊を擁する「佐川文庫」を特別コレクションとしています。

テスト運行は同年から実施していた。

58
複数館体制へ(1980-) [ ] 大町へ移転した1980年(昭和55年)以降、図書館サービスの拡充が進んだ。 『水戸市立図書館50年誌』水戸市立図書館50年誌編集委員会 編、水戸市立中央図書館、1995年3月31日、148頁。 第5次水戸市総合計画実施計画に位置づけられていた 内原図書館 は、(平成22年)に開館した。 88 内原図書館 内原町1497-16 2010年4月 78,583 1,873. 水戸市職員組合の取り組み 水戸市職員組合は、市民が身近で一番利用する公共施設の図書館が、指定管理者制度ありきの議論の中で、市民サービスの低下が想定される指定管理者制度を認める事は出来ないと判断し、自治労茨城県本部と水戸市臨時嘱託職員労働組合と連携して、「公立図書館への指定管理者制度導入阻止闘争委員会」(仮)を設立した。 水戸市立図書館を育てる市民の会の設立 2014年1月27日茨城県総合福祉会館コミュニティホールにて「水戸市立図書館を育てる市民の会」設立総会を開催し目的・活動・2013・2014年度活動計画・役員体制等を100人を超える参加者がある中確認した。 各館で収蔵しきれなくなった図書を収蔵する機能も持つ。 一日図書館員の目的は、子供たちに図書館に親しんでもらうことであり 、業務の説明 、館内の見学 、カウンターでの図書の貸出・返却処理 、返却本の書架への配架 、子供向けの などを子供に体験させる。
47