玄 蔵川 水難 事故。 玄倉川水難事故(DQNの川流れ)のその後と生き残りの現在について

事故当時は5歳でしたので、2011年には 17歳の女子高生になっていました。 (引用元:コズミック) 今でもママが戻ってきてほしいと思っている。 しかし、反応はなく退避することはありませんでした。 しかし、次のようなことから、玄倉川水難事故の生き残りの加藤朝香さんのブログであることが特定されました。 実はこの産廃業者は、地元ではあまり評判が良くないようです。 19時ごろ:丹沢湖で女性2名の遺体を回収。
68

水難事故の間違った刷り込みをされていた可能性があるなら、精神的に病んでいてもおかしくはありません。

5時半過ぎ 神奈川県全域に大雨洪水警報発表 6時頃 前夜に退避したメンバーが避難を呼びかける 6時半過ぎ 玄倉ダムが本格的な放流を開始 7時半頃 警察官が退避の呼びかけ 8時過ぎ 前夜に退避したメンバーにより119番通報 8時半頃 中州が水没しテントも流される、自力での退避が不可な程水位があがる 9時過ぎ 消防のレスキュー隊が到着 10時頃 レスキュー隊が救助を開始、テレビカメラによる放映開始、一行のリーダーによる暴言も放映される 11時頃 玄倉ダムが警察からの要請で放流を中止、満水となり5分で放流再開 11時半過ぎ 18名が一斉に流され1名が救出、4名が岸に流れ付き着き生き残る、リアルタイムでのテレビ放映も継続 12時15分頃 現地本部設置 17時 神奈川県知事により陸上自衛隊へ災害派遣要請 19時頃 下流の丹沢湖で女性2名の遺体が収容される. 長女次女共高校陸上部だったため、話は聞いていました。

この男児の父親と姉を含む大人3人と子供1人も対岸に流れ着き救助されました、しかし、残りの13名はすぐ下流の立間堰堤から流れおちてしまい、姿が確認できなくなりました。

でも、水嵩や水量によってはコントロール効かずに流されたり、段差の箇所では膝下の深さでも誤ってバランスを崩すと溺れそうになったり。

19時50分ごろに 再びダムの職員が巡回に来て、中州から退避するように勧告しますが、加藤直樹たちはこれを拒否します。

しかし、このときは本来のダム操作規定に沿ったものではなく、被害者捜索のために特例的に行われた措置である。

中継テレビカメラの目の前で18人が堰堤に飲み込まれる この時、全国放送で玄倉川水難事故の中継テレビが放映されていました。

対策 [ ] この事故を契機に(現在の)では「危険が内在する河川の自然性を踏まえた河川利用及び安全確保のあり方に関する研究会」が開かれた。

しかし、1度目は失敗。

危険は回避しながら、子供からも目を離さず、本来楽しむべき自然の中でのキャンプ。