バグラチオン 作戦。 独ソ戦のバグラチオン作戦をドイツ軍が食い止めることは不可能だったのでしょう...

まず最初の首都ヴィテブスク。 複数の作戦を連動させて攻勢を行う作戦術を完成させたソ連軍は、ドイツ軍の侵攻に大損害を出していた3年前には考えられなかったほどの進化を遂げ、ヨーロッパにおける最強の陸軍へと変貌していたのです。 西北の守りはパンターで統一して下さい。 その時は最初からやり直す(もしくは天候をOFFにする)しかありませんね・・・ 3ターン目に天候がよく、支援が間に合ったら、敵の歩兵部隊を倒せば首都占領による降伏は防げます。 守るより、敵を全滅させてから、40ターンまでパスしまくった方が、時間的に早くクリアできるはずです。 実際欧米でもノルマンディーばかり評価されているがの規模や重要性はそれを上回 る。 この攻勢は枢軸国からの離反を誘発させ、8月28日に、9月24日にはが降伏した。

この中央軍集団を叩くことができれば、ソ連領のほぼすべてからドイツ軍を駆逐することができ、さらにドイツの首都ベルリンへの最短距離での進撃も可能になります。

2人とも強い権力をもっていたと同時にクセの強い人物で、独ソ戦では軍の動きに口を出すことも多くありました。

第6ターン終了後に第2白ロシア方面軍が参戦してきます。

トロツキーは、ロシア内戦でのの体験から、陸軍の機械化を主張した。

序盤ドイツ軍のにさんざん苦しめられ残虐行為をされたがいよいよ逆転し内へ大勢力を率いて侵入していく。

10万を越えるはスターリンの発案により、決定的な戦果を自国民に示して士気を鼓舞するとともに、ドイツはもちろん米英からの誇大な数値という疑念や逆を粉砕する目的で、に市街を市民の前で行進させられた後 、各地の収容所に送られた。

ソ連侵攻に支障が出ると考えたドイツはユーゴスラビアへの侵攻を行うと、さらに、南のギリシャも占領してしまいます。

友軍の首都周辺はまだ敵に制圧されたままだと思いますが、 港には脱出用(?)の輸送船があります。

を想定した理論の発展があり、の使用も織り込まれた。

37
ゲームではその防衛隊をプレイヤーが担当する事になり、しかも目の前にソ連の大部隊&首都があるという、絶体絶命の状況から始まりますが・・・ 実は楽勝です。 ボーナスユニット(増援) : 38式駆逐戦車 ヘッツァー(駆逐戦車 Lv2) 「バグラチオン作戦」の第一目標、大都市「ミンスク」の攻防戦です。 西のノルマンディー、東のといっても過言ではない。 注意深い移動や無線封鎖、陣地の偽装によって攻撃予定地に移動する100万単位の軍隊や彼らを支える補給部隊をドイツ軍に感づかれないようにする技術は生半可なものではありません。 友軍は最大部隊数が少ないので上限に達していると供与できませんが、先に敵から動くので、敵のターンで友軍に被害が出ればその分だけ供与可能です。 ボーナスユニット(増援) : VI号戦車B型 ティーガー II(重戦車 Lv4) バルト三国の1つ「エストニア」の首都、タリンの攻防戦です。 (敵軍団全滅) 敗北条件 : 敵軍撃破、第1白ロシア方面軍(赤)を30日以内に降伏させなければ敗北。 東南の守りはエレファントやティーガーで。 作戦の開始日時はバルバロッサが始まったちょうど二年後。 独ソ戦には、ドイツ、ソ連だけでなく、その同盟国や支配地域など多数の国と地域の人々が参加しました。
52