ファン バステン 背 番号。 背番号11、負の連鎖は続く

日本でも遠藤ヤットがつけていましたしね。

ピッチの選手11人と共に一緒に戦う…という意味で12番をサポーターの番号にして 選手に与えていないチームも多いです。

古くは ポジションごとに番号が割り当てられており、 番号を見れば役割がなんとなくわかる…といったものでした。

ルムメニゲ(ドイツ)• 1963-64:• キムカズやラモスはW杯に出場はできませんでしたが、まぁどの時代もだいたい一番上手い選手がつけている感はありますね(ゴンの10番はどうしたんだ!笑)。

1973-74:• 膝の怪我が最後までキャリアに暗い影を落とした印象がありますが…それ以前のロナウドは スピードに溢れ、テクニックもある本当に手が付けられない選手でしたね。

3位決定戦のクロアチア戦ではロナルド・デ・ブールに代わって先発出場するも、ノーインパクトに終わり、チームも敗戦。

ただし、背番号10の意味合いは、各国でちょっと違うようです。

83
1982-1985• 高原直泰• エムバペ プラティニ以降、エースが10番をつけるフランスです。 これは リーガ・エスパニョーラで、 ゴールキーパーの番号は1、13、25と定められていることが大きいと思われます。 ポドルスキー• バルセロナ時代にはロブソン監督に 「戦術はロナウド」とまで言わしめた怪物的存在。 何でこのような特殊数字を付けているのかと問えば、エースナンバー「10」を裏返しにしたとのこと。 興味ある方は、そちらのサイト様も訪問してみてはいかがでしょう?. ラッツィオ時代のベロンなどがそれに当たる。 ライカールトは相手DFに倒されボールに触れることができなかったが、こぼれ球を拾った背番号9がそのままドリブルでGKをかわし、無人のゴールへシュートを流し込んだ。 そして、我らが日本代表キャプテンも代表では17番以外をつけたことがありません。
61