フェ キソ フェナジン。 フェキソフェナジン:効果、適用分野、副作用

花粉などやアレルギーなどでアレルギー原因物質が体内に取り込まれると、体の防御反応が働き体内で免疫反応が起こりますが、この反応が過剰になってしまっているのがアレルギー状態であり、この際にヒスタミンが過剰に放出されることが知られています。

テルフェナジンの改良品という緊急性もあり、日本で初めて(の臨床試験データを承認申請に使う手法)により、を実施せず、1999年にに製造承認申請し、2000年11月にアレグラ錠が発売された。

フェキソフェナジン塩酸塩錠30mg「FFP」は、「含量が異なる経口固形製剤の生物学的同等性試験ガイドライン(平成18年11月24日薬食審査発第1124004号)」に基づき、フェキソフェナジン塩酸塩錠60mg「FFP」を標準製剤としたとき、溶出挙動が等しく、生物学的に同等とみなされた。

抗ヒスタミン薬はどれも眠気の副作用が生じるリスクがあります。

1980年代になると、ヒスタミン受容体のみをブロックして、アセチルコリンの受容体をほぼブロックしないお薬が開発されました。

フェキソフェナジンに限らず、クリニックや病院で薬を処方してもらう場合は授乳中である旨を必ず伝えるようにし、自己判断で使用するようなことは避けましょう。

・オーソライズド・ジェネリックがあるから。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

干し草熱の症状を和らげるために、12歳以上の青年と成人は1日あたり120ミリグラムのフェキソフェナジンを受け取ります。

自己負担額は初診では1010円、再診では570円になります。

フェキソフェナジンの特徴 フェキソフェナジンは抗アレルギー・抗ヒスタミン成分であり、蕁麻疹や花粉症を含むアレルギー性鼻炎、湿疹などに効果がある薬剤です 1。

通常、7歳以上12歳未満の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回30mgを1日2回、12歳以上の小児にはフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mgを1日2回経口投与する。

89

運転に関する注意がない• これがフェキソフェナジンのしくみです メッセンジャー物質であるヒスタミンは、体内でさまざまな役割を果たします。

アトピー性皮膚炎に対しては、かゆみの軽減効果を期待して処方されます。

ただし、自己判断で手持ちのフェキソフェナジンを風邪で使うようなことは避けましょう。

となっています。

日本での適応症は症状に、気管支喘息を足したものであった)。

結晶多形が認められる。

OD錠も発売されていて、うまく錠剤を飲みこめない方にも使えます。

副作用として多いのは、• にも収載されている。

できるだけ負担の少ないお薬から始めたい方• フェキソフェナジンはいつ使用されますか? アレルギー薬のフェキソフェナジンは、以下の治療に使用されます。

・OTCとして認知されていること。

47
蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒 用法 【錠】 通常、成人はフェキソフェナジン塩酸塩として1回60mgを1日2回経口服用する。 (4点:直ちに病院へ行かなければならないほど重症。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 人により副作用の発生傾向は異なります。 しかし先発品の「アレグラ」においては副作用発生率は1. 2点:日常生活や睡眠に影響しないが、わずらわしいことが多い。 ・眠気が少ないのと後発薬が広く出回っているのでフェキソフェナジンを一番よく使っています。 小児にも適応があり、母乳中への移行性が少ないため、授乳婦に使用可能と考えられる。
6