クリストファー プラマー。 クリストファー・プラマー

これほど長く、インパクトのあるキャリアは数少ない。
彼らはまだ愛し合っており、この背後にある秘密は彼らがい戦いをしたことがないということです 彼は大胆不敵で、エネルギッシュで、勇気があり、知識が豊富で、プロ意識が高く、俳優の可能性を示す記念碑的な存在でした
「覚えているか? ルース亡き後、誓ったことを [PR]. ご冥福をお祈りします
2人の間の娘は女優になった 2011年の「The Hollywood Reporter」へのインタビューでも、「あの映画はネバネバして感傷的でひどい
また、俳優アマンダ・プラマーは、彼の娘である そこで彼らは別れた
このほど到着したのは、クリストファーが歌を口ずさみながらピアノを演奏するシーン つまり、認知症のリサーチはまるでしなかったんだよ
昨年公開のナイヴス・アウトも大の大貫禄で素敵爺さまだった 彼の芸術は総合的なもので、中でもストーリーテリングに取り組む意欲は、その総合的なものの最も重要な部分でした
89
また、(アカデミー賞、エミー賞、トニー賞)を獲得した数少ない俳優の一人であり、唯一のカナダ人でもある そういうのこそ注意しないといけない
クリストファー・プラマーは建築家自身であり、エレイン・テイラーはインテリアデザイナーです 何かに取り憑かれたみたいになってしまったんだ
同じ年にブロードウェイデビューも果たしたが、そのお芝居は初日に終わってしまう だが、その後、ブロードウェイとロンドンで数多くの舞台作品に出演し、トニー賞にも7回ノミネートされ、そのうち2回受賞している
2021年2月6日閲覧 当時の記事を読む• 彼は愛すべき人で、伝説的な才能でした」と綴った
1950年、彼女のキャリアの非常に早い段階で、レイモンドベッソンは有名な「ウィルウィザザウィスプ」の髪型を作りました 「ありがたいことに、私はまだ仕事をもらえている
1つはMichael Winner監督の「The Game」、もう1つはWarren Mitchell監督のコメディ映画「All the Way Up」です はじめは端整な顔立ちと美声を生かし、歴史ドラマやサスペンス映画で知的で重厚なキャラクターを多く演じたが、一転してサイコスリラーの名作『』で傾向のある不気味な犯罪者を演じてからは、後半より悪役や強烈な脇役として登場することが多くなり性格俳優として脚光を浴びる
彼はその部分が退屈であるとわかり、何度も会話で映画の本当の名前を使用することを拒否しました 死因は、妻のエレイン・テイラーによると転倒に伴う頭部打撲