名鉄1700系 運用。 【不運の希少車】名鉄1700系置き換えへ〜1703F,1704F特別車が廃車回送

これで1700系特別車は全て運用を離脱し消滅することになります。

名鉄唯一の前パン車でした。 1700系は、空港特急としても運用される2200系との共通運用のため、名古屋鉄道殿にて1600系から種々の改造がなされています。 残された日を大切にして、時代に翻弄された1700系の勇姿をしっかりと目に焼きつけておきたいですね。 元々数が少ない車両な上に半数が離脱しているほか、特別車側を撮らないと分かりにくいという編成構成など、写真撮影をする難易度は上がっています。 商品管理部名野です。 1700系、来舞 2020年11月3日 いよいよ、舞木検査場に、1701F 編成 が、やってきました。 デッキには製造メーカーの銘板が。
65
しかし、昨年度からこの特別車部分となっている1700系の置き換えが始まっており、2019年度には1704F・1703Fが、そして2020年度には残された2編成の代替特別車が登場して既に1701Fが運用離脱を行っており、このままひっそりとその短い生涯を終えるものと思われていました シルバーの貫通路とか、違和感がありません
なお同イベント実施時には「東海テレビ」は関係者情報として「2021年3月に引退・4月からは2200系に置き換えられる」と報道していました 改造を終えて以降は2200系に混ざって営業運転で活用されており、空港線での定期運用も姿を変えて見られるようになりました
それがこちらです 例えば、一人掛け座席が撤去され、荷物置場が設けられました
デッキに人が集中して一般の乗客の乗り降りに影響が出てしまっています 当時のデザインは撮影していなかったので、模型で代用です
一般車については1600系との併結に違和感が少なく、最新の一般車併結特急である2200系の一般車を新造することとなりました 葬式鉄の目当てはミュージックホーンです
01 この度、名古屋鉄道殿より1700系電車との併結用の2300系電車4編成(16両)が完成し、豊川製作所より発送されましたので紹介致します 機器流用・組み替え・珍車といった名鉄車両の面白さを現代に伝えるという点でも、名鉄らしい……とも言えるかもしれませんね
最近では名鉄車両全体でカラーリング変更の動きがあり、この 2200系譲りのブラックフェイスから1600系時代に近いデザインへ再変更となり、他形式とは異なりファンからも概ね好評でした net,もしもアフィリエイト がCookie を使用して利用者が当サイトや他サイトに過去にアクセスした情報に基づいて広告を配信します
今回の廃車回送を牽引したEL120形2機のミュージックホーンも、1600系からの改造に漏れたク1600の流用品 4両の先頭車から2両の機関車の各エンドに移設 です これによって、 名鉄から前パンはなくなってしまいました
今回特に話題になったのが1700系1702Fの150レ運用の車内で葬式鉄が暴走して大混乱になったことです
名古屋鉄道殿の方針により、全車特別車の特急列車は2000系空港アクセス特急「ミュースカイ」のみとし、その他の特急列車はすべて一般車を併結することになりました。 2020年に編成が組み替えられ、1703Fと1704F、1701Fが運用離脱。 。 一日でも長い活躍を祈るばかりですね。 パノラマSuperを名乗っていた彼らがここまで短命に終わるとは思いませんでしたが、従来の前面展望設計を捨てた1600系の開発コンセプトは、車体断面や運用体系などで2000系ミュースカイ・2200系の様々な点に影響を与えています。 90周年記念で企画された特別運行 名古屋〜河和間 において、2000系と営業運転を行いました。 ファンからの憶測はテレビ報道により答え合わせがされる格好となり、 予想以上に遅めの離脱となることが判明してファンとしてはひと安心……といったところでしょうか。 特にイベント場所が定期検査とともに引退前の入場をする舞木検査場であったため、事実上の廃車回送を兼ねたイベントとなるのではないかという見方もありました。
73