ボイスメモ 文字 起こし。 録音音声データを自動テキスト化できるソフトは使えるか

画面右下のスピーカーマークを右クリックして「サウンド」をクリック• ただし、こちらは1分以内、かつ、50MB以内のファイルのみテキストへの変換が可能です。 iPhoneの「ボイスメモ」で音声入力する まずはiPhoneのデフォルトアプリ「ボイスメモ」を使って音声を録音します。 iOS版とAndroid版が無償で利用できます。 mp3に変換します。 iOSに標準搭載しているボイスメモ 録音機能 またはボイスレコーダーアプリやICレコーダーでは面倒だった再生を、より簡単にするためにRecocoが開発されました。 音源は実際に音を出しても良いですし、ミュートにしていても音声入力に反映されます。 3:「Speechy」を選択します。
ご質問の通り、あとで聞き直してテキスト化する労力がかかります パソコン初心者には使いこなせないことも あと、いくら録音に気を付けて高音質の音声を録っても、音声認識ソフトはパソコン初心者にとっては、使いこなすのがけっこう難しいこともあります
私も、取材の仕事で何度もテープ起こしをやっているので、実際に試してみたのですが、現時点では難しいかな、というのが結論です ツールから音声入力を選択 まず、Google ドキュメントで新規作成をしましょう
メモが自動で「同期」されるので、パソコンや他の端末でも同じメモを次の瞬間に確認できます が冷静になって考えてみれば方法はありました
また、当事務所にすぐに発注や見積もりをご依頼されたい方は、本ページの下記にも案内を掲載しております 「10X」を支える3種の神器、コミュニケーション、コラボレーション、マネジメント(CCM)を「Google式10Xコミュニケーション術」「Google式10Xコラボレーション術」「Google式10Xマネジメント術」として本書に収録
[ツール]の[音声入力]を選択すると、小さいマイクのウィンドウが現れます SACSCRIBEに会員登録していない方は、まず登録お願いします
ですのでボイスメモの使い方がとても分かりやすいです ただ、単純にこの操作をした場合はマイクから喋る必要があり、手元にある. そこで、彼らが利用するのがスマホのフリック入力…と思いきや、それすらも使わないのが今のトレンドです
ただし、「ボイスメモ」自体には文字起こし機能は付いていませんので、App Storeで配信されている「Speechy」というアプリを使います 精度もかなり高いので、ぜひご自身で実験してみてください
この方法ではiPhoneが2端末必要になりますが、ネットワークに接続している必要などはないので、現在使用していない、いわば以前使っていた古いiPhoneでもかまいません 6インチの「Google Pixel 3a」で、「AutoMemo」が一般的なスマートフォンよりも小さい、手のひらに収まるサイズ感なのがわかる 本機にはディスプレイはなく、各種設定はすべてスマートフォン経由で行う
一方、チェックを外した場合は、「話した内容がAppleに送信されてテキストに変換されます」というメッセージが出ます 録音した音声の再生も「AutoMemo」単体では行えない
88