コロナ収束 予言。 「5月29日以降、コロナ収束」新型コロナを“完全予言”した14才の占い師!「今年12月により深刻なパンデミック」

それは変異種が出てきているぞ、ということなんです。

・ 英ロンドン出身のニコラス・オージュラ氏は未来を予知する能力を持つサイキックだという。

その集団免疫によって三年目の感染拡大の波は小さいものになったということのようです。

しかしアナンドくんの活動の裏で、お金が動いていると思うと少し悲しくなるので、あまり考えたくないですね。

明確な時期を聞いてしまうと、先が思いやられますからね。

石井貴士の場合は、スペイン風邪との比較というロジカルな歴史的な観点から、予測をしていますが、結果がほぼ同じだったんです。

日本でもワクチン接種が本格的に始まりましたね。

いったいどういうことなのか。

疫病を予言する妖怪ではないが、実際にコロナ収束が近いのではないかという明るい見立てもある(写真はイメージです) Photo:PIXTA 江戸時代の妖怪「アマビエ」が 全国的なブームになった本当の理由 日本全国で「アマビエ」がブームになっています。

コロナは2021年11月に収束して、その後2022年以降にかけて穏やかに回復するでしょう。

3月末にコロナに感染したことが判明した同国のチャールズ皇太子が4月の頭には回復していた例を挙げ、その理由として、「すでに 治療薬を 手に入れてたのかもしれない」と推測。 要注目である。 そのことにもちゃんと、動画の中で触れられています。 体調が良くなれば病院へ行く機会も少なくなるでしょう。 この後よる8時57分からは『マツコの知らない世界』 今回は「予言ビジネスの世界」「としまえんの世界」。 それにしても、江戸時代の疫病についての伝承であるアマビエが、科学全盛のこの世の中で、なぜこれだけ流行するのでしょう。 もうすぐ、あと数か月で終息するのだという予測は、これから先の日々を送るにあたっての心のよりどころになるはずです。
53
世界中の人々を震撼させた。 彼は予知夢で未来のビジョンを見るといい、数年前から 新型コロナウイルスの パンデミックやトランプ大統領の敗北を予言していたほか、BLMの抗議活動にまつわるビジョンも見ていたと主張している。 では人生を変える3つのポイント、一つ一つ具体的に見ていきましょう。 大きな地震に関しては許される範囲内ならば答える。 一方で、ニコラスは別の感染症に関して警告を発している。