新 白蛇 伝 あらすじ。 【新 白蛇伝・全36話】28・29・30話のあらすじとネタバレと感想|心の魔は誰にでも

それは子供を願う姣容の気持ちの現れだった。 しかし、誤解した法海の攻撃をうけて、散る事に。 許仙はどうしていいか分からず法海に相談すると法力を抑える霊丹を与えられ神通力は失うが平凡な夫婦のように幸せに暮らせると言われます。 李公甫 りこうほ:巡査長、姣容の尻に敷かれている• 身内の事になると許仙も冷静な判断ができないのかな。 。 母親の玉芙蓉は隠れ身の術で小青を出産し逃亡生活をしていたが天の神々に見付かり罰を受けたのです。 そこへ神農堂の男たちがやってきて「勝手な商売をするな」とイチャモンを付けられる。
40
1-2 ある日、金山寺の和尚が勧進帳を持って現れ、七月七日が英烈龍王の誕生日なので参拝して焼香するよう勧めた
保和堂 阿部泰記(アベヤスキ、1949年 - 、山口大学名誉教授) はこの部分が後世の作品において
白娘子のことを主母様や娘娘と呼ぶ 許宣は慌てて詳細を話し、双茶坊巷の角に住む白三班の白殿直の妹の白娘子からもらったものだと釈明をした
「妖毒は人間にとって毒なので観音様に方法を求め許仙の毒を抑えた、しかし雄黄酒で本来の姿を現してしまい結果苦しみを与えてしまった」 許仙は「妖怪であっても愛する妻を怖がるはずない どうぞよろしくお願いいたします
そんな矢先、端午の節句祝いで、飲んではいけない雄黄酒を飲んでしまった白素貞は正体を現してしまい、それを見た許仙はショックの余り意識を失ってしまう そしてその白蛇と男性は夫婦になるものの、僧侶に見破られて西湖畔にある雷峰塔(今の中国の杭州のあたり)に閉じ込められるてしまうというストーリーになるのですが、その部分は削除され、ハッピーエンドで終わるものもあります
その頃、峨眉山で人間の姿になった小青は金鼠として復活した景松に「心の魔を宿した許仙を法海が退治しようとし、白素貞が天に背く術を使ったら助けにいけ」と言われ急ぎます 人間と妖怪、垣根を越えて愛し合う二人の身に最大の危機が訪れる
追いかけてきた法海は、金如意の布団をめくり大声をあげられる 第23話・最愛の妻 許仙が記憶を取り戻し一生離れないと決意した白素貞は再び幸せな生活を取り戻します
このくだりで初めて題名の「白娘子」という呼称が使われ、青衣の小間使いの名も青青ということがわかる だが夫婦となった翌日、張玉堂は目を覚まさない
桔梗 :• 翌朝、初夜を終えた小青は「女を選んでよかった」とご機嫌 玉芙蓉 ぎょくふよう:小青の母• お菓子の中に文が挟まっており、そこには梁丞相が救援食糧を着服した事が書かれていました
6