週末 の ハーレム 土井。 終末のハーレム

81

まもなく、いじめと細胞硬化症に苦しめられた果てのコールドスリープから、男子高校生・土井翔太が目覚める。

2040年終盤には絵理沙に改めて告白しようと彼女のもとを訪れるが、MKウイルスへの感染による吐血を経て3日後に死亡した。

地味なヒロインですが、これまでほとんど感情を表に出していないだけに、怜人とのメイティングがとても楽しみなキャラです。

東堂晶の目論見は裏目に出たが、彼としては怪我を心配してくれたゆず先生がまた誘ってくれたので、むしろラッキーだった。

こういった経緯について、漫画評論家・は自身の公式に、半分は「外圧」で日本にはなかった修正基準との戦いでもある旨を述べている。

また、絵理沙曰く「女性の遺伝子だけで子供を産む計画」 を進めているという。

LINKは近未来における食料生産、人の移動、人口半減による科学力低下などの設定をなるべく細かく決めており、宵野は「今の科学と風景を残しつつ近未来を入れていくのがどこまで嘘臭くならないかという匙加減がとても難しい」と語っている。

2021-07-18 17:15:06• 絵理沙は自分たちを「イザナミ」と称して善を披露し、UW世界本部の首脳陣が5年前にMKウイルスを散布した可能性が高いことや、単為生殖によって完全に女性だけの世界を作ろうとしていることを暴露する。

慶門市出身。

恭司や怜人には役職上の対抗心を持っている。 AVでもなかなか見ないレベルです。 ウェーブのかかったポニーテール、サングラス、大柄な体格が特徴。 あらすじ [ ] 単行本第12巻までが第1部とされている。 怜人にとっては2045年現在での立場を理解してくれる良友であり、彼やまひると交流する際にはコミカルな一面も多々見せている。 絵理沙は怜人にイザナミが2つの派閥に分かれていることを明かし、香港経由でヨーロッパへの同行を依頼する。 名は不明。 2020年9月10日閲覧。