鉄道 総研。 鉄道総合技術研究所

(2年) - 鉄道院総裁官房研究所に改称。
4月1日 - 財団法人から公益財団法人に移行。 トンネル模型を設置することで、トンネル坑口から放射される微気圧波やトンネル内の圧力や風速の変動を再現できる。 鉄道技術や鉄道労働科学に関する、調査等を全般的に手掛ける。 イベント名の由来はの通り、研究所の所在地である国分寺市光町の旧称「平兵衛新田」から取られている。 JR各社とは密接に連携して研究を進めており、役割は揺らがない。
99

「非常に大きな変化だ。

過去の研究施設 [ ] 研究施設 名称 所在地 備考 、 最寄駅: 、 最寄駅: 、 過去の実験施設 [ ] 実験施設 名称 所在地 備考 浜松町荷造包装実験所 (用品試験所から改変) 東京都 最寄駅: (汐留駅構内) 二宮直流遮断実験所 最寄駅: 札幌雪害防止実験所 最寄駅: 狩勝実験線 北海道 最寄駅: 主な研究開発等 [ ] 計画において、展示のため初めてボディが作られた試験車両ML100のボディ(平兵衛まつりの際、国立研究所の外に展示される)• (昭和38年) - 鉄道労働科学研究所開設。

『「よみがえる鉄路(東日本大震災からの復旧・復興)」~東北の中小鉄道事業者等を支えた鉄道技術者集団と東北ローカル線復興支援キャンペーン~』 2010年4月 土木工事業 特定建設業 の許可を取得しました。

試験線 [ ] 国立研究所の構内に列車の走行試験を行える試験線を備えている。

国分寺市が1966年(昭和41年)に町名整理を行った際、同研究所での新幹線開発との開業を記念し、旧地名の平兵衛新田から改称したものである。

50 53